« パネル討論会「核兵器のない世界へ、被爆国日本の役割」 | トップページ | 石原 自衛隊に入ってでもいいし、警察ででもいいし、無償の行為をする経験をしてもらった方がいい »

2012/10/25

石原都知事が辞職表明 新党結成、国政復帰へ

 伸晃さんがあんなことにあったんで、自民党には人質がなくなった慎太郎さんが動くだろうとは言われていたのだけど、まあ、今日かと驚いた。

石原都知事が辞職表明 新党結成、国政復帰へ(東京新聞)

 東京都の石原慎太郎知事(80)が25日、記者会見し、「諸般の事情で、都知事をきょうをもって辞職することにしました」と述べ、次期衆院選に出馬する意向を表明した。石原知事は「新党をつくって、仲間と一緒に国会に復帰してやろうと思っている」と語り、国政では東京都知事として14年間行ってきたことを実現したいとの考えを示した。
 石原知事は後継の適任者として猪瀬直樹副知事を挙げた。都知事選は知事の辞職申し出から50日以内に行われる。
 石原知事は1999年4月、都知事に初当選、2011年4月に4選を果たし、任期を2年半残していた。日本維新の会代表の橋下徹大阪市長と頻繁に会うなどして、国政復帰のタイミングを模索していた。

 もちろん、ここ四回、知事選ではぶっちぎりだったわけで、人気があるのだろうけれども。こと国政については、きわめてタカ派的な側面のみがめだつ人である。そんなに簡単に、支持があるまるのだろうか?
 なぜか新聞が第三極としてとりあげる勢力は、極端なタカ派かつ新自由主義であるわけだけれども。国民的に、どう議論されていくのか。たとえば、立ち上がれ日本などはほとんど支持をあつめていないのだけれども、今後、こういうタカ派新自由主義派がどう国民のあいだで受けとめられていくのか。そのなかで、どんな議論が必要なのか。一方で、いわゆる左翼はなぜ、なかなか支持の対象としてうけとめられないでいるのか? 冷静に、1つひとついろんな側面から考えたいし、考えないといけないと考えさせられる次第。

 だけど、まあ、都知事選があるわけで、場合によっては、年内に総選挙とWもまったくゼロではないのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« パネル討論会「核兵器のない世界へ、被爆国日本の役割」 | トップページ | 石原 自衛隊に入ってでもいいし、警察ででもいいし、無償の行為をする経験をしてもらった方がいい »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55971758

この記事へのトラックバック一覧です: 石原都知事が辞職表明 新党結成、国政復帰へ:

« パネル討論会「核兵器のない世界へ、被爆国日本の役割」 | トップページ | 石原 自衛隊に入ってでもいいし、警察ででもいいし、無償の行為をする経験をしてもらった方がいい »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30