« 自民30%、民主12% 内閣支持率は微増29% | トップページ | 信じて、ぼくの言葉 重い障害の少年が伝えたかったこと »

2012/10/03

福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ

 原発事故後の健康への対策という点では、ほんとうに深刻な状況が生じているような気がしてならない。なぜ、こうした隠蔽がなされるのだろうか。

福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ(毎日新聞)

 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、県が委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが分かった。準備会では調査結果に対する見解をすり合わせ「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。出席者には準備会の存在を外部に漏らさぬよう口止めもしていた。
 県は、検討委での混乱を避け県民に不安を与えないためだったとしているが、毎日新聞の取材に不適切さを認め、今後開催しない方針を示した。
 検討委は昨年5月に設置。山下俊一・福島県立医大副学長を座長に、広島大などの放射線医学の専門家や県立医大の教授、国の担当者らオブザーバーも含め、現在は計19人で構成されている。県からの委託で県立医大が実施している健康管理調査について、専門的見地から助言する。これまで計8回あり、当初を除いて公開し、議事録も開示されている。…

 先日のETV特集で放映されていたチェルノブイリ報告の際の日本の政府の専門家委員会の議論でもそうだ。年間20mSV以下は因果関係は認められないと強引な幕引きが映し出されていた。
 5mSV以上は、ある程度、健康被害との因果関係について議論されているとは言えないのだろうか? より徹底した対応が求められているとは言えないのか? それ以下でも、それが「がまん値」である以上は、最低限、1mSVというこれまでの基準線以上は、ストレス対策も含め、あらゆる健康対策と支援はなされないのだろうか。などと、個人的には考えたりする。
 放射性物質は、いまでも放出され続けているという。農作物の被害も深刻さは、この秋にはさらに大きな問題として考えなくてはならない状況にある。ほんとうに、しっかり考えないといけないはずなのに。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自民30%、民主12% 内閣支持率は微増29% | トップページ | 信じて、ぼくの言葉 重い障害の少年が伝えたかったこと »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55807744

この記事へのトラックバック一覧です: 福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ:

« 自民30%、民主12% 内閣支持率は微増29% | トップページ | 信じて、ぼくの言葉 重い障害の少年が伝えたかったこと »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30