« シリーズ 戦争の経験を問う 兵士たちの戦後史 | トップページ | <まる見えリポート>止まらぬ看護師の離職 5年目までに半数退職 »

2012/10/21

学校柔道で髄液漏れ、全国で3件

 心配されるニュース。

学校柔道で髄液漏れ、全国で3件(朝日新聞)

 学校での柔道の授業や部活動で頭を打つなどして「脳脊髄(せきずい)液減少症」になったケースが全国で少なくとも3件発生していた。「全国柔道事故被害者の会」(事務局・東京)が明らかにした。
 脳脊髄液減少症は医師の間でも診断にばらつきがあり、厚生労働省が昨年11月に初の統一診断基準を作ったばかり。被害者の会はこの3件をいずれも今年に入って保護者らの情報提供で把握したという。「原因不明の頭痛と診断され、苦しんでいる生徒らは多いのではないか」と指摘する。
 3件のうち1件は今年1月、川崎市立中学校の体育の授業中に起きた。被害者の会や市教育委員会によると、当時中学1年の男子生徒(14)が大外刈りをかけられ、頭や首を打った。後頭部の痛みを訴えて通院を続け、5カ月後に病名が分かった。…

 学習指導要領の改訂で、武道の必修化がはじまり、事故が心配されていた。とくに柔道は、大きな事故の可能性があり、しかし、安全教育は日本ではおこなわれていない。という指摘があるのだけれども、ほとんど対策らしい対策はおこなわれていない。
 一刻も早い対策が求められる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« シリーズ 戦争の経験を問う 兵士たちの戦後史 | トップページ | <まる見えリポート>止まらぬ看護師の離職 5年目までに半数退職 »

スポーツ」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55943639

この記事へのトラックバック一覧です: 学校柔道で髄液漏れ、全国で3件:

« シリーズ 戦争の経験を問う 兵士たちの戦後史 | トップページ | <まる見えリポート>止まらぬ看護師の離職 5年目までに半数退職 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31