« 就学援助最多の156万人 11年度、小中学生の16%に | トップページ | 初日から合意ほご 市街地上空でヘリモード »

2012/10/02

イテウォン殺人事件

011_i_main 韓国の事件ものの映画ってこういう未解明なものが多い。「殺人の追憶」だとか。これもそうで、実在する事件である。ラストシーンが象徴するように事件そのものが蓋を閉められていることそのものを告発する。映画後、アメリカで、グンソクが演じたモデルが逮捕されたという報道はあったけど、結局、どうなったんだろうか?
 検事役のチョン・ジニョン、弁護士役のオ・グァンロク 、時代劇でおなじみの俳優がやっぱりうまいなあ。グンソクの悪役もまた、病的で、なかなかではあるのだ。
 いやあ、韓国映画らしい、恐ろしさである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 就学援助最多の156万人 11年度、小中学生の16%に | トップページ | 初日から合意ほご 市街地上空でヘリモード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イテウォン殺人事件:

« 就学援助最多の156万人 11年度、小中学生の16%に | トップページ | 初日から合意ほご 市街地上空でヘリモード »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31