« トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ | トップページ | 首相「領土めぐる新時代」と訓示 海自観艦式で旧海軍意識 »

2012/10/14

放射能、9割が「心配」 育児で那須塩原の保護者 宇大プロジェクト調査

 うーん。こういう不安に大学の調査だけではなく、政治も向き合って欲しい。

放射能、9割が「心配」 育児で那須塩原の保護者 宇大プロジェクト調査(下野新聞)

 福島第1原発事故後、育児に気になること、心配なことがある-。那須塩原市の幼児を持つ保護者の94%がこう考えていることが13日、宇都宮大の「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」のアンケートで分かった。同日、同大で開かれた報告会で公表した。同プロジェクトは、事故から時間が経過し「放射能の影響を心配し続けることへの疲れも見られる」と分析した。
 アンケートは7月、同市内の幼稚園と保育園各1カ所の協力を得て園児がいる461世帯を対象に実施し、回収率は53%だった。
 「気になること、心配なこと」の内訳(複数回答)をみると、91%が「放射線の影響」、82%が「食べ物や飲料」、52%が「外遊びやプール遊びの是非」を挙げた。
 懸念が「ある」との回答が大半を占めたことについて、同プロジェクトの清水奈名子准教授は「県北では保護者に心配する気持ちが強いことが分かるが、そんな実情を他地域ではあまり知られていない」と、意識の地域間格差を指摘した。

 何よりも実際の放射線被害について、ちゃんとした調査をしてほしい。
 と同時に、この不安の大きさを軽視してはいけない。それそのものが大きな問題なんだと言うことをボクらはもっと真剣に考えるべきだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ | トップページ | 首相「領土めぐる新時代」と訓示 海自観艦式で旧海軍意識 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55891672

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能、9割が「心配」 育児で那須塩原の保護者 宇大プロジェクト調査:

« トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ | トップページ | 首相「領土めぐる新時代」と訓示 海自観艦式で旧海軍意識 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31