« 戦後史の正体―1945‐2012 | トップページ | 高校教育研究委員会第3回公開研究会「職業教育・キャリア教育、スペシャルニーズ教育」 »

2012/09/29

日本人「慰安婦」の被害実態に迫る!―なぜ日本人「慰安婦」被害者は見えてこなかったのか―

 今日は、表題のシンポジウムに行ってきた。主催は、バウラック。女性国際戦犯法廷をリードしたバウネットが、NHKの裁判後、調査と行動の組織に衣替えをしていた。その調査のテーマにえらんだのがこのテーマ。戦犯法廷でも、日本人「慰安婦」の問題はテーマになったし、その後、ボクも、このテーマにかかわる仕事をしたりもしたけど。見えてこなかったこともあるし、調査もすすんではいなかった。
 「慰安婦」というものがいま問われなければならない理由は、募集の暴力的な強制性にあるのではなく、どのような実態のもとにおかれていたのかにあることは、あらためて、いま考えなければいけない論点。と同時に、日本人「慰安婦」の背景にある公娼制度と、「慰安婦」の間の実態もまた問われなければいけない。膨大な前借金、戦地への誘導…。だけど、そこでも、日本人は、朝鮮人ほかに対しては優遇される。過酷の人生を歩んでいた彼女らにとっては、「厚遇」の瞬間であったりする。何かしらの「被害者像」から出発するのではなく、ありのままの「実相」から被害というものを考える。それは、当時の法律の視点と同時に、いまの人権の視点をかさねあわせながら。

 くり返される、「慰安婦」を否定する言説に、対して、ほんとうにこの問題の精算にむけて、未来にむけた議論をしているんだろうなあと何となく思った。で、刺激になった。
 西野さんの話はもちろん、はじめて話を聞いた小野沢あかねさんの話もよかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 戦後史の正体―1945‐2012 | トップページ | 高校教育研究委員会第3回公開研究会「職業教育・キャリア教育、スペシャルニーズ教育」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55777330

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人「慰安婦」の被害実態に迫る!―なぜ日本人「慰安婦」被害者は見えてこなかったのか―:

« 戦後史の正体―1945‐2012 | トップページ | 高校教育研究委員会第3回公開研究会「職業教育・キャリア教育、スペシャルニーズ教育」 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31