« 渡辺代表のおひざ元揺らぐ…みんな6市議離党へ | トップページ | Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け »

2012/09/28

生活保護:「アメとムチ」 厚労省案、安全網後退の懸念も

 うーん。議論は重要な論点もありそうなんだけど、しかしなあ。

生活保護:「アメとムチ」 厚労省案、安全網後退の懸念も(毎日新聞)

 厚生労働省が28日公表した生活保護制度の見直し素案は、就労意欲を促すための加算金創設など「アメ」の部分と、審査の厳格化という「ムチ」の両面で従来より踏み込んだ。ただ、就労促進の実を上げるにはきめ細かい支援が不可欠だ。この前提が崩れれば厳格化だけが強調され、「最後のセーフティーネット」としての機能が後退しかねない。
 働く意欲がある人への加算、賃金を得れば保護費が減額される仕組みの緩和−−。受給者に働くことを強く促す素案に対し、実務を担う自治体側の委員は28日の社会保障審議会の部会で方向性に賛意を示した。ただ、実効性には疑問も残る。
 例えば今回の目玉、加算金創設も、何をもって「働く意欲がある」と評価するかは示していない。厚労省は採用面接を受けた回数などを想定しているが、あるケースワーカーは「外形的なアリバイはいくらでも作れる」と打ち明ける。

 一体改革のもとで、生活保護の改悪が心配されている中での素案。
 すでに厚生労働省のHPにはこういう資料がだされている。
 いろんな重要な論点があって、すぐにいろいろ言えないけどねえ。だけど、根幹にかかわるところで、自己責任型の自立支援」「就労自立」がいすわっている感じ。さいたまのNPOほっとプラス代表理事の藤田孝典さんは、「生活保護法が掲げる『無差別平等の原理』に反する恐れがある。ゆがんだ解釈をするケースワーカーが横行するのではないか」と言っておられるけど。権利の根幹としての生活保護がゆらがないか心配だ。

 いまの生活保護の不十分さの議論はとても限定的なのだ。そこを何とかしないとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 渡辺代表のおひざ元揺らぐ…みんな6市議離党へ | トップページ | Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55767449

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護:「アメとムチ」 厚労省案、安全網後退の懸念も:

« 渡辺代表のおひざ元揺らぐ…みんな6市議離党へ | トップページ | Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31