« Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け | トップページ | 戦後史の正体―1945‐2012 »

2012/09/29

麒麟の翼~劇場版・新参者~

001_1 やっぱり、東野圭吾はうますぎる。見事なストーリーテール。泣かせるんだもの。何よりも、これは父親の切ない物語。ボクは子どもとほんとうに向き合えてきたんだろうか。見終われば、ただ日本橋の麒麟像に行って見たくなるなあ。
 惜しむらくは、若者(子ども)たちの葛藤やしんどさをもう少していねいに描くことができていればね。

 東京・日本橋で男性が殺害される事件が発生。被害者はカネセキ金属の製造本部長、青柳武明(中井貴一)。彼は、腹部を刺されたまま8分間も歩き続けた後に、日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きていた。なぜ、誰の助けも求めず、彼は一体どこへ向かおうとしていたのか。一方、事件の容疑者、八島冬樹(三浦貴大)は現場から逃亡しようとしたところを車に轢かれて意識不明の重体だった。報せを聞いた八島の恋人、中原香織(新垣結衣)は、彼の無実を訴えるが……。この難事件の捜査に当たるのは、日本橋署の切れ者刑事、加賀恭一郎(阿部寛)。やがて捜査が進むにつれて、それぞれの家族や恋人の知られざる一面が明らかになってゆく。命が終わるその時に、青柳は誰に何を伝えようとしていたのか?愛する人に何を残そうとしたのか?加賀は事件の裏に隠された謎を解き明かし、真実を見つけ出すことができるのか……?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け | トップページ | 戦後史の正体―1945‐2012 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55776882

この記事へのトラックバック一覧です: 麒麟の翼~劇場版・新参者~:

« Jパワー 大間原発 建設再開へ 経産相容認受け | トップページ | 戦後史の正体―1945‐2012 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30