« オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 | トップページ | 自民新総裁に安倍氏=決選投票で逆転勝利-石破氏を要職起用へ »

2012/09/26

「特定の主義主張 ご遠慮いただく」 原子力規制委が取材規制

 これはおどろくようなニュースだ。朝読んで、おどろいた。

「特定の主義主張 ご遠慮いただく」 原子力規制委が取材規制(しんぶん赤旗)

 原子力規制委員会が毎週1回開く委員会終了後の記者会見について、同委員会の実務を担当する原子力規制庁の広報担当者は「特定の主義主張を持つ機関の機関紙はご遠慮いただく」などとして、「しんぶん赤旗」を排除する方針を25日、明らかにしました。さらにフリーランスの記者についても「どういった雑誌に、どういった記事を書いているかを見て、特定の主義主張を持って書かれている方はご遠慮いただいています」と、憲法が禁止する検閲まがいの対応をしていることも明言しました。
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は19日の第1回委員会で、「地に落ちた原子力安全行政に対する信頼を回復する」ため「透明性を確保する」と述べ、「報道機関への発表を積極的に行うことで、委員会としてのメッセージを分かりやすく伝える」とする方針も決めていました。委員会で決めた「報道の体制について」では「報道機関を既存官庁よりも広く捉え、報道を事業として行う団体や個人を対象にする」とまで明記していました。
 これまで、内閣府原子力安全委員会後の委員長らの記者会見で、こうした対応はされていませんでした。

 これだけのことがあって、規制機関の原子力ムラからの独立が問題になり、公開ということが焦点にならざるをえないはずなのに、これってどういうことなんだろうか。これが結局職員的には、原子力ムラから引き継ぐことになった規制庁の実態かあ。
 これがそのとおり実施されたら、ほんとうに、何も信頼できないことになる。そういうことってわかっているのだろうか。開いた口がふさがらない。いち早い撤回を望む。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 | トップページ | 自民新総裁に安倍氏=決選投票で逆転勝利-石破氏を要職起用へ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

まともな日本国民からすれば、もう聞いて呆れてしまうだけのお笑い草でしかございませんよね。
ならば、一層のこと、騙されたふりをすることで、撤回せずに、御用メディアには、原子力ムラの
言うとおりに報道して頂く様にすれば良いだけのことですよね。
国民全体としては、それこそ、わざと騙されたふりをこれを受け止めてあげることで、今度はアメリカを味方につけて、日本が脱原発に向かわせることで、こうした原子力ムラを幾らでも揺さぶり、崩壊に追い込んで行く様に仕向けて行けば良いだけのことですから。
だとすれば、尖閣諸島買取騒動を勝手に仕出かした何処かの、ごろつき都知事とも、結局は同じ穴の貉に過ぎない分けだし、こんなことに手を貸すような真似をした野田政権というのは、公明党はともかくとしても、自民党や維新の会についても、単なる跳ね返りか原子力ムラの仲間のいずれかでしか無いと考えれば、それこそ、中国国内の反日活動家とも変わらないとみると、まともな中国人からみても、とんだ迷惑な存在以外の何ものでも無いこともまた、ある意味で共通していると見ると、何とも皮肉なことですが、世界的に見れば、それこそ「親イスラエルのふりをした反イスラエル」と共通していることもまた、真実に近いと見れば、それこそ日本国民の大敵でもあると同時に、全人類にとっての大敵でもあることは、もう間違いございませんよね。
だとすれば、今度は、中国もまた味方につけることによって、国民全体で騙されたふりをすることで、こうした跳ね返りと共に原子力ムラを幾らでも揺さぶり、崩壊に追い込んで行くことで、経済成長は諦め、グローバル競争には喜んで敗北し、ただひっそりとした二流国に転落してあげても構わないのだし、その変わりに、日本の国益が、アメリカの国益に叶うと同時に、中国の国益にも叶う様な心豊かな外交へと深化させていくことで、そっと静かに対米従属を離れて、これを乗り越え、成熟した大人の国となって、世界の中で、そっと静かに存続して行くことが出来る様になれば、もう此れ程喜ばしいことは無いし、何も言うことは無いし、変な戦争に巻き込まれることも無く、また強欲な富裕層と、単なる跳ね返りに過ぎない身勝手な貧困層の両方だけが一人もいなくなれば、それが何よりのことだし、一部を除く多くの貧困層が報われ、中間層に底上げしてくると同時に、一部を除く多くの富裕層が中間層に自ら没落することによって、貧富の格差が縮小し、収入が増えれば増える程、幾らでもたくさんの税金や社会保険料を喜んで払ってあげることだけを大いに誇りとすることが出来れば、もう幾らでも節電に協力してあげたり、無駄な消費も抑制し、廃棄物を幾らでも減らすなりして、資源の再利用や、再生利用にも喜んで協力して上げることで、国内需要の激減により経済規模も喜んで縮小させることによって、日本の相対的地位を喜んで低下させてあげることで、誰もが損することも無く、誰もが得することで、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る社会福祉国家となって生まれ変わることが出来れば、これを国境を乗り越え、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして参りましょう、というメッセージとして発信して行くことが出来れば、それが何よりのことだし、それこそ「困った時はお互い様」ということもまた、誇りを持って世界に示して行くことが出来る様になれば、これもまた、ある意味で何よりのことでは無いかと、つくづく感じるのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55752763

この記事へのトラックバック一覧です: 「特定の主義主張 ご遠慮いただく」 原子力規制委が取材規制:

« オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 | トップページ | 自民新総裁に安倍氏=決選投票で逆転勝利-石破氏を要職起用へ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31