« 「ビッグイシュー」にデジタル版 雑誌の販売員も紹介 | トップページ | 日本の教育支出、3年連続最下位 OECDの09年調査 »

2012/09/11

核のごみ 地中廃棄「白紙に」 学術会議 原子力委へ提言

 学術会議が重要な提言。

核のごみ 地中廃棄「白紙に」 学術会議 原子力委へ提言(東京新聞)

 地中深くで最終処分するとしながら、原発で使った核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の行き先は一向に決まらない。打開策を検討していた日本学術会議(会長・大西隆東大大学院教授)は十一日、地中深くに埋める国の最終処分計画は安全とは言えないとし、処分に関する政策の白紙見直しを求める提言をまとめ、原子力委員会に提出した。
 使用済み核燃料を再処理した後に出る高レベル放射性廃棄物は、毎時一五〇〇シーベルト(一五〇万ミリシーベルト)と人がわずか二十秒で死に至る放射線を放つ。国は二〇〇〇年、廃棄物をガラスで固め、地下三百メートル以上の地層に埋める「地層処分」とするよう関連法で決めたが、処分地は白紙のままだ。
 今回の提言は、原子力委から打開の糸口を見つけてほしいと要請された学術会議が、原子力工学や地質学、歴史、社会、経済など各分野の研究者で検討委をつくり、二年がかりで検討してきた。
 提言は、地震や火山活動が活発な日本列島で、万年単位で安定した地層を見つけるのは難しいと指摘。
 処分場が決まらない理由は、どれくらいの量の核のごみなら受容できるか社会的な合意がないまま、一部の関係者で原発の稼働、そこから出る核のごみの処分といった方針を決定してきたことにあると批判。交付金などのお金で処分地を決めようとする方針は、「かえって問題を深刻化させる」と根源的な問題があると指摘した。その上で、「政策をいったん白紙に戻す覚悟で見直すべきだ」と結論付けた。
 安全な処分方法が見つかるまでの数十~数百年の間は、地中深くではなく、いつでも移送できる形で暫定的に保管するよう提言。保管を担う地域には交付金などで無理やり納得させるのではなく、保管地に政府機能の一部を移転して安全性への信頼を得るべきだと訴えた。…

 これがその文章。 検討委員会には、知り合いが何人か入っていたりしますけど。
 学術の世界も、原子力ムラの構成員としての批判を受け、改めて学術の役割が問われるなかでの提言である。

 これまでの学術のあり方を批判的に検討し、わからない、予測ができないものでどうあるべきがを提示する。「将来に安全な処分方法が確実に見つかる保証はない上、暫定的に保管といっても、事実上の最終処分になってしまわないか、地域の懸念をなくすのは難しい。提言の実効性には疑問があり、核のごみの根源的な問題点を見せつけた」と記事にある。そういう出口のない原発である。核のごみについても、結局は、困難な合意を粘り強くすすめるしかないことを教えてくれる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「ビッグイシュー」にデジタル版 雑誌の販売員も紹介 | トップページ | 日本の教育支出、3年連続最下位 OECDの09年調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55634438

この記事へのトラックバック一覧です: 核のごみ 地中廃棄「白紙に」 学術会議 原子力委へ提言:

« 「ビッグイシュー」にデジタル版 雑誌の販売員も紹介 | トップページ | 日本の教育支出、3年連続最下位 OECDの09年調査 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30