« スト学生「完全な勝利」 学費値上げを撤回 カナダ・ケベック 州首相が表明 | トップページ | オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 »

2012/09/24

大鹿村騒動記

004 原田芳雄の遺作でもある。彼は、ボクが小さい頃から、テレビに出ていたスターだったけど、映画人としての彼は、「竜馬暗殺」などの黒木作品かな、やっぱり。この映画は、超ベテランの、役者たちが主人公。大鹿歌舞伎を素材に、主人公のところに、幼なじみと駆け落ちした妻が、”壊れた”形で帰ってくる。そして、性同一障害に悩む若者。いわば芝居という非日常の世界に、劇的な非日常が流れ込む。滑稽で、おかしく、物語は展開する。悲しみも、苦しみも織り込みながら。
 物語の全編、阪上順治らしいヒューマンな展開。阪上ファンとしては満足の一本。
 人生は不可思議。だけど、年をとるのは悪くはない。老優たちが全身で語りかける。だけど、まあこの人たちがんばるなあ。がんばったなあ。忌野清志郎の歌もまたいい。合掌。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« スト学生「完全な勝利」 学費値上げを撤回 カナダ・ケベック 州首相が表明 | トップページ | オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55738910

この記事へのトラックバック一覧です: 大鹿村騒動記:

« スト学生「完全な勝利」 学費値上げを撤回 カナダ・ケベック 州首相が表明 | トップページ | オスプレイ住宅地飛行か ヘリモードも住民目撃 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30