« 橋下市長の学校選択制、保護者らに慎重論根強く | トップページ | イラク帰還隊員 25人自殺 »

2012/09/27

一枚のハガキ

Original_1 新藤兼人、99歳での最後の作品。ストーリーも台詞も、いたってシンプル。そしてテーマも。映画って言うのは、技術・テクニックというものも大事だけど、つくりたいものをつくることが大事だと、つくづく思わせてくれる。そのぐらい、訴えははっきりしている。そして、それに対置するものも。いろいろ、考えさせられるだとか、そういう映画でもない。ただただ魂がそのまま揺さぶられるそういう映画だ。これじゃ感想かけないなあ。
 新藤さんの体験から、侵略・加害の国の兵士と、その家族の姿を知る。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 橋下市長の学校選択制、保護者らに慎重論根強く | トップページ | イラク帰還隊員 25人自殺 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55760247

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚のハガキ:

« 橋下市長の学校選択制、保護者らに慎重論根強く | トップページ | イラク帰還隊員 25人自殺 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30