« 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 | トップページ | 参院本会議、首相問責決議を可決 「政権能力が欠如」 »

2012/08/28

発信箱:戦場で失われる命=大治朋子(外信部)

 山本美香さんの死については、ブログで一度書いておきたかった。今日、毎日新聞で大治さんが書いていた。

発信箱:戦場で失われる命=大治朋子(外信部)

 内戦状態のシリアで取材をしていたジャーナリストの山本美香さんが、銃撃されて亡くなった。まだ45歳だった。
 アフガニスタンやイラク、コソボなどの紛争地を取材してきたベテランで、これほど戦場経験の豊富な女性ジャーナリストは、日本にはごくわずかしかいない。
 山本さんとは、少しだけ接点があった。早稲田大大学院の「ジャーナリズムの使命」という授業で、同じ時期に講師を務めた縁だった。記者志望の学生も多く、教育熱心な山本さんはとても慕われていた。
 昨年夏、新著「戦争を取材する−子どもたちは何を体験したのか」(講談社)を出版され、「子どもたちと一緒に平和について考えていきたい。そんな思いを込めた」と述べておられた。
 その中で、山本さんは戦場取材を始めてまだ間もないころ、自分の仕事が「どれほど意味のあることなのか」と悩んだと打ち明けている。しかしアフガニスタンで取材中、十分な医療を受けられず息子を亡くした父親が「こんな遠くまで来てくれてありがとう。世界中のだれも私たちのことなど知らないと思っていた」と涙を流したのに衝撃を受け、気付いたのだという。
 紛争地で、誰にも知られぬままひっそりと失われていく命。その事実を「知らないことは罪」であり「彼らの存在を世界に伝えることで、どうしたら救うことができるか、考えるきっかけをつくっていく」のがジャーナリストの使命だと。

 ボクは、直接山本さんに会ったことはないけど、彼女の仕事仲間の戦場ジャーナリストとの付き合いは少なくない。シリアについても、懇意にしているジャーナリストが数か月前に行っていたし、準備中のジャーナリストもいる。それだけに、他人事では決してない。
 彼女は山梨の出身だ。彼女の出身大学の、都留文科大には1年に1度ぐらいは、話をしに行っていたということを、昨日、都留の先生から聞いた。伝えたいという思いは、新聞記者だったお父さんの影響なのかなあ。

 大手の組織ジャーナリズムはもちろん、ボクのような団体のジャーナリズムの世界でも、なかなかこういう危険なところにはいけない。だけど、一方で、現場にいかないとわからない問題も少なくはない。その役割をになっているのが、彼ら彼女らフリーのジャーナリストだ。
 もちろん、そういうジャーナリズムの構造でいいのということは、いつも考える。自分を問う。だからこそ、まず、自分ができること、自分がしなければいけないことを自分の頭でかんがえなきゃいけないとも思う。ちゃんと、仕事をしなければいけないと、襟を正す。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 | トップページ | 参院本会議、首相問責決議を可決 「政権能力が欠如」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55530507

この記事へのトラックバック一覧です: 発信箱:戦場で失われる命=大治朋子(外信部):

« 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 | トップページ | 参院本会議、首相問責決議を可決 「政権能力が欠如」 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31