« 自公除く野党、内閣不信任・首相問責決議案提出 | トップページ | 過労死認定111社 半数なお長時間残業容認 »

2012/08/07

周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁 

 完全勝利にはならなかったのだけど。

周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁(神戸新聞) 

 兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺に暮らし、アスベスト(石綿)疾患で亡くなった住民2人の遺族が同社と国を相手取り、計約8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、神戸地裁であった。小西義博裁判長は同工場近くで働いていた住民1人について石綿飛散と健康被害の因果関係を認め、クボタに約3200万円を支払うよう命じた。
 周辺住民の石綿被害に対し企業責任を認めた判決は初めて。国の賠償責任は否定した。
 小西裁判長は同工場の集じん装置の性能や周辺住民の目撃情報などから、工場内で発生した石綿粉じんは1954年~75年ごろ、周辺の大気中に飛散していたと認定。
 その上で、中皮腫で死亡した2人への影響を検討した。工場から約200メートル離れた職場で約20年間、勤務していた山内孝次郎さん=当時(80)=について、原告側が提出した学術論文などを基に「同工場から飛散した石綿粉じんに暴露したと認められる」と判断した。当時の住まいは工場から南に5、600メートルだった。
 さらに同社には大気汚染防止法に基づき、過失がなくても賠償責任を負う「無過失責任」が適用されるとし、賠償すべき義務を負うと述べた。
 一方で、国の責任については「75年の時点において周辺住民の中皮腫発症リスクが高いという医学的知見は成立していなかった」として対応に違法性はないとした。
 もう一人の住民、保井綾子さん=同(85)=は工場から1・1~1・4キロの地域に居住。小西裁判長は「旧神崎工場が原因であった可能性は否定できないが、他工場から飛散した石綿に暴露した可能性もあり、特定できない」と請求を棄却した。
 原告弁護団は「国の責任を認めていないのは極めて不当」として控訴する方針。一方、クボタ広報室は「判決の内容をよくみて控訴を含めて今後の対応を検討する」とコメントした。

 もちろん、クボタの責任を認定したのはとても意義のある判決。300人もの人がなくなっているのに、クボタはこれまで責任を認めてこなかったのだもの。だけど1には因果関係が認められなかったし、さらに国の責任が求められないは残念。
 裁判長は、泉南アスベストで、国の責任をみとめた人。画期的な判決が期待されていただけに、悔しさの残る判決と言えばいいのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自公除く野党、内閣不信任・首相問責決議案提出 | トップページ | 過労死認定111社 半数なお長時間残業容認 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55374398

この記事へのトラックバック一覧です: 周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁 :

« 自公除く野党、内閣不信任・首相問責決議案提出 | トップページ | 過労死認定111社 半数なお長時間残業容認 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31