« ひきつづく悲しみと困難のなかで今をともに生きる─学校と地域に人間の自由、尊厳、希望をとりもどす | トップページ | プロメテウスの罠2 検証!福島原発事故の真実 »

2012/08/09

内閣不信任案を否決 民・自から造反者

 なんなんだか? 自民・構造改革原理派が、不信任案賛成に造反し、民主は旧来型の利益誘導系が…。党利党略政治というのはとてもおもしろい。

内閣不信任案を否決 民・自から造反者(朝日新聞)

 自民、公明を除く野党6党が提出した野田内閣不信任決議案は、9日の衆院本会議で民主党などの反対多数で否決された。民主、自民両党は同日、自公以外の野党が参院に提出した首相問責決議案を当面採決しないことで合意。消費増税関連法案は10日の参院本会議で可決、成立する。
 野田佳彦首相と自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表の3党首が8日夜、衆院解散について「近いうちに国民に信を問う」と確認し、消費増税法案成立で合意したことを受け、内閣不信任案の採決で自公両党は欠席した。
 ただ、自民党は中川秀直元幹事長や小泉進次郎衆院議員ら7人が出席して賛成。民主党は鳩山由紀夫元首相ら6人が欠席し、採決直前に小林興起、小泉俊明両衆院議員が離党届を提出し、賛成票を投じた。…

 だけどね。これだけ国民不在の政治がつづくとね、福島の人の話を聞いては、政治はこの問題に向き合っていないことを痛感し苛立ち、そして、困難をかかえた若者を支援する実践者の報告を聞き、それでも社会的排除に手をうたない政治に苛立つ。いまの政治っていうのは。怒りと哀しみが心を占める日々が続く。その打開について、もっともっと説得力のある発信をしないといけないのになあ。何やっているだ、自分は。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ひきつづく悲しみと困難のなかで今をともに生きる─学校と地域に人間の自由、尊厳、希望をとりもどす | トップページ | プロメテウスの罠2 検証!福島原発事故の真実 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55388543

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任案を否決 民・自から造反者:

« ひきつづく悲しみと困難のなかで今をともに生きる─学校と地域に人間の自由、尊厳、希望をとりもどす | トップページ | プロメテウスの罠2 検証!福島原発事故の真実 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30