« 周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁  | トップページ | 3党が合意 成立後近いうちに信問う »

2012/08/08

過労死認定111社 半数なお長時間残業容認

 この現状にも、怒りがわく。

過労死認定111社 半数なお長時間残業容認(東京新聞)

 二〇〇〇年以降に労働基準監督署や裁判所が社員の過労死や過労自殺を認定した企業のうち、本紙が把握できた百十一社について残業時間の上限を調べたところ、約半数の五十四社で依然として月八十時間(いわゆる過労死ライン)以上の残業を認めていることが分かった。社員の働き過ぎを抑制する動きは鈍い。
 本紙は百十一社の過労死があった本社もしくは支店について、労使が結んだ最新の「時間外労働・休日労働に関する協定(三六協定)届」を情報公開するよう労基署の上部機関である労働局に請求。
 開示資料によると、月当たりの残業の上限が長いのは、NTT東日本の二百五十八時間や大日本印刷市谷事業部の二百時間、プラント保守大手「新興プランテック」の百八十時間、ニコン、JA下関、東芝電機サービスの各百五十時間など。これらを含め百時間以上は二十七社あった。
 労働組合のある五十八社の月平均は約九十三時間。労組のない五十三社は約六十四時間で、労組のある企業の方が長時間労働を容認する傾向が浮かぶ。
 本紙は百十一社に労務管理のアンケートも行い、二十六社から回答を得た。
 現行制度は、企業が労基署に届け出る三六協定の残業時間について「月四十五時間、年三百六十時間」までという制限があるが、特別な事情があれば、半年間はいくらでも延長できる。
 こうした制度の見直しについて二十六社からは「企業ごとの状況や立場が異なるので一律的な見直しは困難」(製造業)「企業モラルの問題」(外食産業)などの回答があった。
 労働問題に詳しい森岡孝二・関西大教授(企業社会論)は「過労死があった後も、長時間の三六協定を労基署に受理させている厚生労働省の考え方と、それを許している法制度に問題がある」と指摘する。……

 もちろん、法制度に問題があることは、そうだけど。やっぱり、たたかわない労働組合の現状をなめているとしか思えない。というか、儲けのために、人権をふみにじっても、何度もしようという資本の姿が示されている。
 腹立つなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁  | トップページ | 3党が合意 成立後近いうちに信問う »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55377811

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死認定111社 半数なお長時間残業容認:

« 周辺住民への石綿禍訴訟判決 クボタに賠償命令 神戸地裁  | トップページ | 3党が合意 成立後近いうちに信問う »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31