« 3党が合意 成立後近いうちに信問う | トップページ | ヒミズ »

2012/08/08

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション

1ogqm_2 そして、その党首会談の時間帯、ボクは首相官邸前にいた。「えっ!?このまますすんじゃっていいの?  消費税増税? 生活保護改悪? 社会保障切り捨て? そんなあれこれ・・・~総理!私たちの声をきいてください!~」に4回目ではじめて参加した。某大のH先生もはじめての参加だったようで。緊迫した情勢のなかで、200人を超える人が集まっていた。とてもゆるゆるした雰囲気で。
 参加したのは、最後の3分の1ほどなのだけど、たしかにとても居心地がよく、楽しい集会。だけど、一方で、シュプレヒコールなどもふくめ、かなり本質的なもの。つまり、端的に、問題を主張しようとすると、富が一方で集中し、その一方で貧困が広がるという原理的な構造にぶちあたざるをえない。そこは聞いていてなるほどと思う。そして、そこからの「生きさせろ!」の問いかけは、やはり本質的で、「僕らはみんな生きている」という歌はこんなに本質的な歌だったのかと、思わず涙する。

 同時に、こうした貧困をテーマにした集会は、参加者は相対的には少ない。かつて、貧困が社会的に注目をあぶた07から08年ごろでも、反貧困の集会はそんなに多かったわけではない。たぶん、こうした集会にたくさんの人がくるようになれば社会は変わるとき。
 もともと、運動は当事者からはじまる。それが社会全体の認識にまで共有されるには、それなりの議論と体験が不可欠だから。また、その回路をみつけていないと言えばいいのか。

 じっくり考えよう。まずは、声をあげよう。そして、一歩一歩連帯を広げよう。そんな感じかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3党が合意 成立後近いうちに信問う | トップページ | ヒミズ »

政治」カテゴリの記事

コメント

本質的には、アメリカにおける1%の富裕層に対する99%の非富裕層によるデモと変わり無いし、
世界的に見れば、アラブの春にしても共通するものもあるし、国境を越えて、世界的に連帯を拡大することが出来れば、何よりのことですね。
日本国内においても、目的は異なるものの金曜日の原発再稼働反対デモとも、本質的な面で言えば、大いに共通するところもあるし、オスプレイについても、アメリカからすれば、騙されたふりをして、原発再稼働をさせた野田政権を揺さぶっているのでは無いかと見れば、都知事による尖閣諸島の買取騒動とも、アメリカの言いなりと言いながら、結局のところは自分達の利益のことしか考えていないとしか思えないと見ると、沖縄県民からすれば、騙されたふりをして、幾らでも日本政府に対して怒りをぶつけても構わないとみれば、幾らでも連帯を拡大していくことも出来るし、大いに期待したいところでは無いでしょうか。
後は、国民のほうから、幾らでも騙されたふりをして、アメリカと共に原発推進勢力に対して、物凄い怒りをぶつけて崩壊させるしか無いし、それで日本は脱原発の道を選択し、経済規模や成長率で他国と比較することなんかせず、国際競争力は幾らでも衰退し、中国や韓国にも喜んで敗北することになっても構わない分けだし、それで日本は世界の中で、もう幾らでもただひっそりとした国とんっても惜しくは無いし、福祉が整い、貧富の格差も縮小することで、極端な富裕層と貧困層の両方がいなくなることで、収入が増えれば増える程、幾らでも税金や社会保険料を、喜んでたくさん払ってあげることで社会に恩返し出来ることだけを誇りとすれば、もう幾らでも身を縮めて、ひっそりと生きて行くことで幸せに暮らせる社会となって安定して行くことが出来れば、此れ程喜ばしいことは無いし、何も言うことはございませんよね。
そうすることで、資源や食糧の輸入を減らし、無駄な消費を幾らでも抑制し、節電に喜んで協力してあげることで、必要な電力を皆で分け合いながら、日本経済と共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、地域経済の活性化に繋がると同時に、地域的な分業と循環型経済により、廃棄物を幾らでも減らすことで、地球環境に恩返ししながら、安定したプラス成長を維持することが出来ると共に、極めて良心的な中堅企業や中小企業を中心に安定した収益や利益を確保することに、喜んで貢献してあげることも出来れば、それが結果的に、日本の国益となると同時に、アメリカにとっての国益にもなるし、中国にとっての国益にもなるし、ロシアにとっての国益にもなるばかりでなく、韓国や北朝鮮をはじめ、アジア太平洋地域全体へと拡大し、行き着く先h世界中の全ての国々に対しても国益を齎すことになって、全人類が一つの絆となって、国際的な分業と循環型経済へと拡大していくことで、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、持続的発展と貧富の格差も縮小し、国際社会全体の平和と安定に結びつくことになれば、もう此れ程素晴らしいことは無いし、何も言うことはございませんし、それにより日本の存在感も向上することになるのなら、もうこれだけで十分なことでは無いかと、つくづく感じます。

本質的には、アメリカにおける1%の富裕層に対する99%の非富裕層によるデモと変わり無いし、
世界的に見れば、アラブの春にしても共通するものもあるし、国境を越えて、世界的に連帯を拡大することが出来れば、何よりのことですね。
日本国内においても、目的は異なるものの金曜日の原発再稼働反対デモとも、本質的な面で言えば、大いに共通するところもあるし、オスプレイについても、アメリカからすれば、騙されたふりをして、原発再稼働をさせた野田政権を揺さぶっているのでは無いかと見れば、都知事による尖閣諸島の買取騒動とも、アメリカの言いなりと言いながら、結局のところは自分達の利益のことしか考えていないとしか思えないと見ると、沖縄県民からすれば、騙されたふりをして、幾らでも日本政府に対して怒りをぶつけても構わないとみれば、幾らでも連帯を拡大していくことも出来るし、大いに期待したいところでは無いでしょうか。
後は、国民のほうから、幾らでも騙されたふりをして、アメリカと共に原発推進勢力に対して、物凄い怒りをぶつけて崩壊させるしか無いし、それで日本は脱原発の道を選択し、経済規模や成長率で他国と比較することなんかせず、国際競争力は幾らでも衰退し、中国や韓国にも喜んで敗北することになっても構わない分けだし、それで日本は世界の中で、もう幾らでもただひっそりとした国とんっても惜しくは無いし、福祉が整い、貧富の格差も縮小することで、極端な富裕層と貧困層の両方がいなくなることで、収入が増えれば増える程、幾らでも税金や社会保険料を、喜んでたくさん払ってあげることで社会に恩返し出来ることだけを誇りとすれば、もう幾らでも身を縮めて、ひっそりと生きて行くことで幸せに暮らせる社会となって安定して行くことが出来れば、此れ程喜ばしいことは無いし、何も言うことはございませんよね。
そうすることで、資源や食糧の輸入を減らし、無駄な消費を幾らでも抑制し、節電に喜んで協力してあげることで、必要な電力を皆で分け合いながら、日本経済と共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、地域経済の活性化に繋がると同時に、地域的な分業と循環型経済により、廃棄物を幾らでも減らすことで、地球環境に恩返ししながら、安定したプラス成長を維持することが出来ると共に、極めて良心的な中堅企業や中小企業を中心に安定した収益や利益を確保することに、喜んで貢献してあげることも出来れば、それが結果的に、日本の国益となると同時に、アメリカにとっての国益にもなるし、中国にとっての国益にもなるし、ロシアにとっての国益にもなるばかりでなく、韓国や北朝鮮をはじめ、アジア太平洋地域全体へと拡大し、行き着く先h世界中の全ての国々に対しても国益を齎すことになって、全人類が一つの絆となって、国際的な分業と循環型経済へと拡大していくことで、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、持続的発展と貧富の格差も縮小し、国際社会全体の平和と安定に結びつくことになれば、もう此れ程素晴らしいことは無いし、何も言うことはございませんし、それにより日本の存在感も向上することになるのなら、もうこれだけで十分なことでは無いかと、つくづく感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55381262

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション:

« 3党が合意 成立後近いうちに信問う | トップページ | ヒミズ »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31