« オキナワとグアム~島が問う アジア・太平洋の未来~ | トップページ | 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 »

2012/08/28

大卒22% 非正規や進路未定

 学校基本調査が発表になって、最大の注目がこれ。そのぐらい厳しい。

大卒22% 非正規や進路未定(東京新聞)

 今春、四年制大学を卒業した五十六万人のうち、正社員として就職したのは六割の三十三万五千人だったのに対し、派遣社員やアルバイトなど非正規雇用者や、就職も進学もしないなど「安定的な雇用に就いていない人」は、二割強の十二万八千人に上ることが、二十七日公表の文部科学省学校基本調査で分かった。正社員と派遣社員を分けて集計したのは初めてで、不安定な雇用形態が続く実態が明らかになった。
 調査は五月一日現在の速報値。
 調査結果によると、四年制大学を卒業した学生は五十五万九千三十人で、このうち三十五万七千二百八十五人が就職した。就職率は昨年より2・3ポイント増の63・9%。リーマン・ショックの影響で過去最大の下落幅となった二〇一〇年度以降、若干だが二年連続で改善の傾向がみられた。
 「安定的な雇用に就いていない人」は22・9%。内訳は、雇用契約が一年以上の契約社員や派遣社員=二万一千九百九十人(新卒者の3・9%)▽契約期間が一年未満のパートやアルバイト=一万九千五百九十六人(同3・5%)▽就職や大学院などへの進学をしていない人=八万六千六百三十八人(同15・5%)-だった…

 データそのものは、ここ。

 だけど、よく考えてみると、まじめにこの学校基本調査を分析的な視点で読んだことはないなあ。考えてみれば、この数は内実がよくわからない。しかも、ここでいう正社員というのはどういう定義なんだろう。ち「正規の職員等でない者」、「一時的な仕事に就いた者」及び「進学も就職もしていない者」という分類だけど。どうもよくわからない。不安定が拡大していることはわかるんだけど。だれか、細かい読み方を教えてください!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オキナワとグアム~島が問う アジア・太平洋の未来~ | トップページ | 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55530126

この記事へのトラックバック一覧です: 大卒22% 非正規や進路未定:

« オキナワとグアム~島が問う アジア・太平洋の未来~ | トップページ | 生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30