« 過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き | トップページ | SPEEDI:文科省が非公表の誤りを認める »

2012/07/27

自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致

 ダッチロール状態にある政権を自公がささえる図式は醜い。

自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致(FNNニュース)  自民党の谷垣総裁と、公明党の山口代表が27日、都内で会談し、消費税増税法案はお盆前に採決すべきだとの認識で一致するとともに、法案成立後は、野田政権を解散・総選挙に追い込んでいく方針を確認した。自民・谷垣総裁は「審議がきちんと進んだら、早く採決をしていこうと。それは基本的には、お盆前ではないかと」と述べた。公明・山口代表は「しっかりこれ(消費税増税法案)を成立させて、しかるべき後に信を問うように迫るべきだと」と述べた。  自公党首会談には、両党の幹事長も同席し、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革法案について、採決の前提となる中央公聴会の開催が、8月の6日と7日に決まったことから、「お盆前の採決は十分可能だ」との認識で一致した。  そのうえで、谷垣総裁と山口代表は、消費税増税法案を成立させたあとは、野田政権を早期の解散・総選挙に追い込んでいく方針を確認した。  また、会談で谷垣総裁は、衆議院の「1票の格差」是正のため、小選挙区の定数を5議席減らす「0増5減」の法案を、27日に国会に提出する考えを伝え、理解を求めたが、連用制の全面的導入を主張する山口代表は「公明党の基本的立場に変わりない」と述べるにとどめた。  その後、「0増5減法案」は、自民党単独で衆議院に提出された。

 近々、参院は民主党は第一党から転がり落ちそうだ。となると、イニシアは議会の自民党に移る。これだけ、民主党が、政権はおろか、政党として体をなさなくなった民主党に対し、小沢派の不信任に賛同し、解散という図式もあるという観測も流れたけど、結局は、自民党は民主党を支える。
 いっとくけど、民主党に事情でずっと審議がおこなわれなかったから、参院の審議はまだ序盤ですよ。

 混迷する国会はますます、国民から乖離するだけなのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き | トップページ | SPEEDI:文科省が非公表の誤りを認める »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55294511

この記事へのトラックバック一覧です: 自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致:

« 過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き | トップページ | SPEEDI:文科省が非公表の誤りを認める »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30