« 「日本防衛に沖縄不要」 67年、米高官が言明 極東戦略を重視  外交文書で判明 | トップページ | 普天間、辺野古移設「撤回を」=名護市など12市町村 »

2012/07/31

なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか? 透明な暴力と向き合うために

9784284304467 加野さんという方の本。事件がおきて慌てて読むところがつらい。反省をせまられる。これだけでも、じつは目の前にあったことがわかる。本が出たのは去年の9月だもの。
 本の内容としては、いじめの入門書。社会心理学的ないじめの構造論の基本をおさえつつ、いまの子どもの社会ものぞいてみせる。いじめは世界にあるのだけど、日本的特質にも迫る。いじめがおこなわれる日本の学校の特徴も明らかにする。そして、いじめと向き合う方策をさぐる。
 いじめの実際の書き出しはリアルだけど、後半になるほど、生々しい子ども世界への接近は、ちょっと淡泊な感じ。だけど、そんなに解決が容易でないことは、理解できる。それは実は不登校というものと同じ側面があるのかもしれない。
 そして、著者も、この本も、最後まで悩み続け、明確な答えはない。問題の視野を広げるべきなのか、それは半分。こういう本がこだわる視点について追求すべき。これも半分。などと、いろいろ考える。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「日本防衛に沖縄不要」 67年、米高官が言明 極東戦略を重視  外交文書で判明 | トップページ | 普天間、辺野古移設「撤回を」=名護市など12市町村 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55324226

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか? 透明な暴力と向き合うために:

« 「日本防衛に沖縄不要」 67年、米高官が言明 極東戦略を重視  外交文書で判明 | トップページ | 普天間、辺野古移設「撤回を」=名護市など12市町村 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31