« いじめをどう論じるのか? | トップページ | 志賀原発直下「典型的な活断層」 「不適格」廃炉可能性 »

2012/07/18

これでは教育は死んでしまわないのか?

 地元紙というか、京都新聞のこんな記事を見つけた。

中2自殺訴訟 「家庭内問題も言及」 大津市教育長 資料提出意向(京都新聞)

 大津市で昨年10月、中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、17日に大津地裁で開かれた損害賠償訴訟の第2回口頭弁論後、市教委の澤村憲次教育長が取材に応じた。「いじめが自殺の因果関係の一つになった可能性が高い」と明言する一方で、生徒の家庭内の問題についても言及していく考えを示した。
 澤村教育長は、和解協議を呼び掛けた大津市の姿勢について、「主張を取り下げたのではなく、外部調査委の結果が出てから主張していくと思う」と説明。また、「家庭内で男子生徒がどんな環境にあり、何が起こったか学校から聞き、把握している」とした上で、裁判への資料提出を市側代理人と相談していくとした。一方で、市教委内に、いじめ対応についての検討チームを可能な限り早期に設ける意向も示した。学校教育課を中心に人選し、いじめ防止や発見した際の対応、さらに今回ずさんさが指摘されたアンケートの在り方を検討していくという。

 たしかに、漏れ伝わる情報でも被害者の家庭環境は、複雑だったようだ。また、すでに、これまでの報道でも、父親に叱責された直後になくなっていることが明らかにされている。だけど、子どものさまざまな行動の背景に、いまの社会の現状では、家庭のさまざまな困難が横たわっていることなど容易に想像はできる。問題は、それをどう受けとめるということだろう。家庭の問題も含めて、子どもに寄り添えなかった教育など成立するのか。

 そもそも、それで、これだけアンケートで明らかになっているいじめを否定するのは無理だと思う。むしろ、こういう困難の蓄積がいじめや問題行動の温床になっていったのかもしれない。しかし、それをいじめであったかどうかについて、言い換えればいじめと自殺との因果関係を否定なおし軽視するといわんばかりの目的で教育委員会が証拠として提出するなどどういうことなのだろうか。

 メディアは、こうした問題に、ハイエナのように群がりかねない。ほんとうに子ども中心の問題解決はできないだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« いじめをどう論じるのか? | トップページ | 志賀原発直下「典型的な活断層」 「不適格」廃炉可能性 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55224588

この記事へのトラックバック一覧です: これでは教育は死んでしまわないのか?:

« いじめをどう論じるのか? | トップページ | 志賀原発直下「典型的な活断層」 「不適格」廃炉可能性 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31