« 凍える牙 | トップページ | ハンセン病療養所に初の認可保育園 待ちわびた子どもの声 東村山・多磨全生園 »

2012/07/02

政権運営、これまで以上に厳しく…50人離党届

 さて、これをどう見るのか?

政権運営、これまで以上に厳しく…50人離党届(読売新聞)

 民主党の小沢一郎元代表ら50人(衆院38人、参院12人)が2日、離党届を輿石幹事長に提出し、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案を巡る民主党内の対立は、党分裂に発展した。
 小沢氏は週内にも新党を結成する構えだ。野田首相は、自民、公明両党の協力を得て関連法案の成立に全力を挙げる考えだが、国会対応をはじめ政権運営はこれまで以上に厳しくなる。
 小沢氏は同日夕、国会内で記者団に、「もはや野田首相のもとでの民主党は、政権交代を成し遂げた民主党ではない」と批判した。そのうえで、「今後、新党の立ち上げも視野に入れながら、政権交代の原点に立ち返り、国民が選択できる政治を構築するために、本日、民主党を離党した」と述べた。新党では、反増税・反原発を訴えていく意向も示した。
 小沢氏はこれに先立ち同日昼、自身に近い山岡賢次前国家公安委員長らを通じ、小沢グループのうち、衆院議員40人、参院議員12人の計52人の離党届を輿石氏に提出した。同日午後になり、階猛、辻恵両衆院議員が記者会見して離党しない意向を表明したため、2人の離党届は撤回され、離党届提出者は衆院議員38人を含む50人となった。

 これが小沢さんの『民主党離党にあたって』

 政権は不安定になった。だけど、小沢さんのほうもバタバタ劇。小沢さんが提出した離党届から早くも2人が脱落。政局に直接大きな影響力をあたえる数にはとどかなかった。なぜ、パワーがないのか。まず、解散をさけたい議員が多いということもあるのだけれども、どうも小沢さんには期待があつまらない。小沢政治の実績からいっても、小沢さんが消費税反対の旗印だとは国民的には思われていないということなのだろうなあ。

 不安定な要素をかかえながら参議院を迎えることになろう。まあ、月刊誌づくりの立場からは、この先の山場をいろいろ予測し、にらみながらもね。根底にある国民の動向というものに注目したいと思う。それはそれで、結構、おもしろく、重要な動きになっているのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 凍える牙 | トップページ | ハンセン病療養所に初の認可保育園 待ちわびた子どもの声 東村山・多磨全生園 »

政治」カテゴリの記事

コメント

まともな日本国民から見れば、こうなったのも、自民党と組んで、消費税増税や原発再稼動
を勝手に推し進めた野田政権が、自ら招いた運命ということになるのでは無いでしょうか。
ならば、いっそうのこと、野田政権には、このまま自民党と共に突っ走って頂いて、今回は離党
を見送った皆様も、最後には騙されたふりをして、民主党から離れて小沢さんに合流しても良い
のだし、最後まで民主党に残りたければ、どうぞご勝手に、と言うことで、そっと静かに見て行く
のが良いのでは無いでしょうか。
遅くとも、来年には総選挙もあることだし、国民としては、くれぐれも今回の消費税増税や原発再稼動をさせた自民党をはじめとする、あの小泉の様な似非改革勢力には絶対に騙されてはなりませんし、橋下大阪市長にしても、この人は、単に坂本竜馬を真似をしているだけの反民主主義者でしか無いことには、くれぐれも留意する必要はあるし、そこは、大阪府民、市民の皆様がいざとなったら、最後には騙されたふりをして、幾らでも欺き、大阪維新の会の連中だけを幾らでも地獄に突き落
とすしか無いかも知れません。
石原都知事と変わりないのは言うまでも無いところですが、右にしても左にしても、まともな日本国民から見れば、共通するのは、どちらも仮面を被った共産主義であることに変わり無いところでもあるし、ただ、共産党については、建設的野党として存続するだけのことなら、邪魔になる訳でも無いし、むしろ一人もいなくなっても困るところを思えば、その対極にある右については、愛国者のふりをしているだけで、実際のところは、自分達のことしか考えることの出来ない、極めて身勝手でしかも邪魔な存在以外のなにものでも無いところは、世界的に見れば、イスラエルの右派勢力とも変わり無いところもあるし、幾らでも騙されたふりをして、日本からとっとと追い出すための外交カードにでも利用するなりして、自爆テロでもやらされたら、どうぞ幾らでも勝手にやって勝手に死んで見捨てられて下さい、と言うことで、そっと静かに「おくりびと」となってあげるしか無いのは致し方無いかも知れません。
ただ、国内でただ大人しくひっそりと暮らして頂く分には、それ以上に追い詰める様なことは一切しないし、それで勝手に文句を言ったり、変な騒ぎを引き起こす様なことさえしなければ、それで何も悪いことも無く、日本が変な戦争に巻き込まれることも無く、貧富の格差も縮小し、極端な金持ちと貧乏人の両方が共にいなくなって、福祉が整い、幸せに暮らすことが出来る社会となって、たくさん稼ぐことが出来たら、幾らでもたくさんの税金や社会保険料を喜んで払ってあげることで、社会に恩返し出来ることを誇りとすることが出来れば、GDPにはお疲れ様ということで、経済規模や経済成長率で他国と比較することはすることなく、為替は幾らでも円高となって安定し、株価なんか幾らでも下落しても構わないし、それでそこそこの貿易黒字と安定したプラス成長により、廃棄物を幾らでも減らすなりして地球環境に恩返ししながら、日本は世界の中でただひっそりと存続して行くことを、幾らでも誇りを持って、海外に発信して行けば良いのでは無いでしょうか。
それが、日本の国益となると同時にアメリカの国益にもなるし、中国やロシアにとっての国益にもなる分けだし、これだけでは無く、韓国をはじめアジア全体を乗り越え、世界中の全ての国にとっての国益にもなる、心豊かな外交が展開出来るようになれば、これだけで十分なことでは無いかと、つくづく感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55107111

この記事へのトラックバック一覧です: 政権運営、これまで以上に厳しく…50人離党届:

« 凍える牙 | トップページ | ハンセン病療養所に初の認可保育園 待ちわびた子どもの声 東村山・多磨全生園 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31