« 7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査 | トップページ | デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 »

2012/07/25

もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員

 こんな話全然知らなかったので、クリップ。

もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員(東京新聞)

 太平洋戦争末期、日本軍に農作業させられた朝鮮人兵を調べた証言集「もう一つの強制連行 謎の農耕勤務隊」を、町田市相原町の青山学院大名誉教授雨宮剛さん(77)が自費出版した。韓国の元隊員から聞き取り、全国の目撃証言も集めた。公的資料が乏しく、研究もほとんどされていない分野だけに貴重な記録となる。 (福岡範行)
 証言集によると、農耕勤務隊は一九四五(昭和二十)年、燃料用のサツマイモなどの栽培を目的に設置された。この年の五月ごろから動員された正確な人数は不明だが、朝鮮人兵一万二千五百人を充てる計画だったとされる。
 農耕勤務隊は、雨宮さんが育った愛知県豊田市にも派遣された。くわを持ち、階級章に星印がない隊員の姿を異様に感じ、長年気に掛けていた。雨宮さんは五年前、脳梗塞から回復したのを機に独自調査を決意。今年五月、A5判五百五十四ページの本にまとめた。
 目撃証言集めに全国三十カ所を巡る。作業中の隊員の足を鎖でつないでいた虐待例のほか、逃げてきた隊員をかばい、食べ物を渡した日本人との交流も語られた。
 韓国・ソウルでも二〇〇八年八月に元隊員三人から聞き取った。「(派遣された)愛知県にもう一度行ってみたい」と好意的に語る元隊員がいる半面、逃亡兵への上官の暴行の内容を問われた元隊員は、目頭を熱くして話せなくなった。
 雨宮さんは「元隊員の証言は、まだ表面的。被害者の気持ちを想像して読み解かないといけない」と指摘する。証言集を通じて「日本人が知らずにいる歴史を謙虚に学び、日本がやったことと向き合えれば」と願う。
 証言集は七百部製作し、一部四千円で販売している。問い合わせは雨宮さん=電042(771)3707=へ。

 確かに戦争末期は、男手がほとんど戦争に動員されていたのだから、こういうことってありうるだろうなあ。朝鮮人の動員は、それほど広範囲であったわけか。これ、ほしいなあ。4000円かあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査 | トップページ | デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55280061

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員:

« 7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査 | トップページ | デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31