« 米のオスプレイ事故調委員長「原因改善されず」 | トップページ | ちょっと、これはないよなあ――朝日新聞 《いじめられている君へ》 »

2012/07/13

いじめについて

 内田さんが、いじめについて、ブログで書いている。
 ます、いじめについて。次に、いじめについての続き

 大津の事件について、とてもするどい問題提起をしている。曰く

 それは学校と教育委員会が学校教育をコントロールできていないということではなく、「コントロールする」ということが自己目的化して、学校が「子供の市民的成熟を支援する」ための次世代育成のためのものだということをみんなが忘れているということです。
 私の見るところ、「いじめ」というのは教育の失敗ではなく、むしろ教育の成果です。

 教育が、「子供たちを競争させ、能力に応じて、格付けを行い、高い評点を得た子供には報償を与え、低い評点をつけられた子供には罰を与えるという『人参と鞭』戦略を無批判に採用してる」と批判するのだ。ここから、子どもたちは敵をつくり、そして、「いじめ」にたどりつく。

 「『いじめ』は個人の邪悪さや暴力性だけに起因するのではありません。それも大きな原因ですが、それ以上に、『いじめることはよいことだ』というイデオロギーがすでに学校に入り込んでいるから起きているのです。
 生産性の低い個人に「無能」の烙印を押して、排除すること。そのように冷遇されることは「自己責任だ」というのは、現在の日本の組織の雇用においてはすでに常態です。
 『生産性の低いもの、採算のとれない部門のもの』はそれにふさわしい『処罰』を受けるべきだということを政治家もビジネスマンも公言している。
 そういう社会環境の中で、『いじめ』は発生し、増殖しています」と。

 そう、ボクたちは、子どもたちが生きている、実際の世界に、もっと想像力を発揮すべきだ。そして、その延長線上に学校や教育委員会の姿がある。

 この文章に、K先生が「いじめは『教育』の成果と書くのではなくて,せめて『ヒドゥンカリキュラム』の成果と書いて欲しかったなあ・・」と書いた。
 というか、この現状に、対抗するような実践も、また教育である。つまり、この問題を解決する道筋もまた、教育しかないもかもしれない。少なくとも、そういう議論は必要だ。

 現状をリアルに見る。事態は深刻だ。そうだけど、ボクらに課せられた課題は何なのか? 重い課題であるんだけど、考えなきゃいけない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米のオスプレイ事故調委員長「原因改善されず」 | トップページ | ちょっと、これはないよなあ――朝日新聞 《いじめられている君へ》 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

いじめに限らず、様々な事故や犯罪についても、再発防止に繋げるためには、加害者と被害者の
人権というものに配慮した上で、その根本原因を究明しなければならない分けだし、場合によって
は、加害者側のみならず、被害者側にとっても、その衝撃により痛みや苦しみ、悲しみに襲われる
ことになる恐れがあるのは致し方無いものの、お互いに、分かち合いながら乗り越えて行くことこそ
が、何より大切なことでは無いでしょうか。

最近では、良く被害者の人権の尊重が求められてきたことに関しては、大いに結構なことであるものの、だからと言って、加害者の人権は無視し、自己責任を押し付けるようなことは絶対にあっては
ならないことである分けだし、逆に、加害者の人権を尊重し、被害者の人権を無視して、自己責任を
押し付けるようなことも、絶対にあってはならないことは、言うまでもありませんよね。
これを棚に上げて、他国(例えば、中国、韓国、北朝鮮等)で同じようなことがあったとしても、批判することなんか出来ないのは当然のことだし、逆に幾らでも反面教師として利用され、日本に対して幾らでも反日感情をぶつけられ、馬鹿にされ、袋叩きにされても致し方無いことだし、ここまでには至らなくても、中国なら、それこそ騙されたふりをして、アメリカに泣きつく様に幾らでも揺さぶられ、
それで、アメリカに泣きつき、国内には、想定外等と言い訳でもすれば、それこそ、世界中から、
日本は、単なる間抜け国家なんて言われて、腹の底であざ笑われるだけでしか無いと思うと、まともな日本国民なら、ただ悲しいことでしかありませんよね。

これを逆手にとって、こういう腐った島国根性に囚われている馬鹿か間抜けな連中に対しては、幾らでも、騙されたふりをして、外交カードに利用して、幾らでも他国に追い出すか、何処か人目のつかないところで、そっと静かに集団自殺でもさせて、日本はもう世界の中で、ただひっそりとした国となっても構わないのだし、こうした、いじめや犯罪等も減り、変な騒ぎも無くなり、幾らでもひっそりと静まり返った社会となることで、貧富の格差もより小さくなり、経済規模もより小さくなることで、財政規模の縮小によって、財政赤字も減り、富の公正な再分配によって、福祉が整い、全ての日本国民が、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら幸せに暮らせる国となって、税金や社会保険料等を幾らでも、たくさん払ってあげることで社会に恩返し出来ることを誇りとし、資源や食糧等の輸入を減らし、そこそこの貿易黒字と世界最低水準のプラス成長と国内消費を維持する程度の経済規模に縮小させることで、幾らでも体質改善を図り、成熟した大人の国となって、廃棄物を幾らでも減少させることで、地球環境に恩返しすることを大いに誇りとして世界に示して行くことで、それが日本の国益となるばかりでなく、アメリカにとっての国益に繋がり、それがアメリカ国内での99%を占める非富裕層の皆様にとっての利益を齎す結果に繋がるばかりでなく、中国やロシアにとっての国益にもなるし、韓国や北朝鮮にとっての国益にもなるし、それが、アジア太平洋地域全体へと拡大し、行き着く先は全世界へと拡大することによって、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合うと共に、資源や食糧を分け合い、廃棄物を幾らでも減らして地球環境全体への恩返しをすることが出来て、国際社会全体の平和と安定に寄与することになれば、もう、これほ素晴らしいことは無いし、喜ばしいことも無いし、何も言うことはございませんよね。
究極的には、地球全体を一つの共同体とする連邦政府へと、国連機構が変わっていくことになれば、それを、日本は、この中の一つに過ぎないという存在感を示すことさえ出来れば良いのだし、これを、衰退した日本に取り込んでしまうことで、日本政府というものは、日本国内だけの自治政府ととなって、地球全体の連邦政府の下部組織という位置づけとして格下げさせ、地球市民社会というものにインテグレートされた連邦共和制による社会福祉国家として、ひっそりと存続して行けば良いのだし、地球市民社会の象徴として、天皇陛下が君臨する存在となれば、何も言うことはございませんよね。
これなら、日本はもう変な戦争に巻き込まれることも無いし、憲法9条を賢明に守り、世界に幾らでも誇りを持って示すことも出来て当然のことだし、世界から、幾らでも高く評価されることになるのなら、これだけを幾らでも誇りとすれば良いのだし、出来て当然では無いかと、つくづく感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55189000

この記事へのトラックバック一覧です: いじめについて:

« 米のオスプレイ事故調委員長「原因改善されず」 | トップページ | ちょっと、これはないよなあ――朝日新聞 《いじめられている君へ》 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31