« 原発事故調 最終報告 ~解明された謎 残された課題~ | トップページ | 毎日世論調査:野田内閣支持23% 発足以来最低(毎日新聞) »

2012/07/29

大企業の税負担率 9年(03~11年度)で10ポイント減

 今日のしんぶん赤旗から。

大企業の税負担率 9年(03~11年度)で10ポイント減 本紙試算 商社は9%台も(しんぶん赤旗)

 日本の大企業上位400社が納めた法人3税の負担率が、2003年度から11年度の9年間に10ポイント近く減少していることが本紙の試算でわかりました。法人3税は法人税、法人事業税、法人住民税。3税を合わせた実効税率は約40%です。しかし、大企業優遇税制のため、実際に納めた法人3税の負担率は税率より低くなっています。

さらなる引き下げ要求
 各企業の決算データをもとに、各年度の税引き前当期純利益の上位企業について、法人3税負担額の税引き前当期純利益に対する割合(負担率)を試算しました。上位400社で03年度に34・4%だった負担率が、11年度には24・7%へ9・7ポイント下落しました。上位50社に限定すれば34・9%(03年度)から23・0%(11年度)へ11・9ポイントも下落しました。
 下落幅が目立つのは11年度です。10年度には上位400社で28・9%だった負担率が24・7%へと4・2ポイント下落しました。上位50社の場合では30・1%から23・0%へと7・1ポイントも急落しました。
 背景には09年度に導入された「海外子会社配当益金不算入」の制度があります。この制度は外国子会社から受ける配当などの額の95%を非課税とするもので、海外に子会社を多く持つ大企業ほど恩恵が大きくなります。日本経団連(米倉弘昌会長)が導入を求めてきました。また100%出資の子会社について、親会社と損益を合算して法人税額を計算する連結納税制度や研究開発減税なども大企業ほど減税になる制度です。
 こうした恩恵を受けて03年度から11年度の合計で税負担率が低い主な企業には商社が目立ちます。三井物産9・1%、住友商事9・9%、三菱商事11・5%など税引き前当期純利益の1割程度しか法人3税負担がありません。また、経団連会長の米倉氏が会長を務める住友化学は19・9%、ゴーン会長の取締役報酬が9億7000万円だった日産自動車は22・9%、国内トップ企業であるトヨタ自動車は30・8%でした。
 財界は消費税増税を迫る一方で、“日本の法人税は高い”として、さらなる法人課税の引き下げを求めています。しかし、日本の大企業の実際の税負担は軽く、大企業にこそ応分の負担を求めるべきです。…

 なるほどなあ、ここまで大企業の払っている法人税は低いのかあ。とくに法人税の負担率の低い主な企業について、三井物産 9.1% 住友商事 9.9% 三菱商事 11.5%とでてくる。商事会社が低いのは注目されるし、かつ、この間の、商事会社の、儲けぶりも考えされる。
 そのほか、HOYA、日本電産、豊田通商、東燃ゼネラル石油、京セラ、三井不動産、住友化学、村田製作所、ブリヂストン、小松製作所、三菱地所、日産自動車、NTTドコモ、神戸製鋼所、クボタ、アイシン精機、本田技研工業、ソニー、トヨタ自動車、キヤノン…。ちゃんと、自動車まで出てくる。うーんなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 原発事故調 最終報告 ~解明された謎 残された課題~ | トップページ | 毎日世論調査:野田内閣支持23% 発足以来最低(毎日新聞) »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

さすがに共産党を敢えて支持するつもりは、ございませんが、結局のところ、こうした大企業は
自分達の利益のことしか考えず、こうした負担のシワ寄せは、そこで働く従業員をはじめ派遣
社員等の非正規労働者の他、下請けや孫請けの中小企業等に押し付ける様な姿勢というもの
も、何処か垣間見えるような気がしますね。
更に、消費税というものについても、輸出戻し税等により、実際には消費税を負担することなく、
下請けや孫請けの中小企業をはじめ、消費者からは、しっかりと負担させておきながら、ちゃっかり
払うことなく、幾らでもピンハネ出来る様な制度的な欠陥というものも、是非とも明るみにして、
それを是正してからでないと、消費税を増税するなんてことは、絶対に許されないことでは無い
でしょうか。
だが、それ以前に、こんなことばかり続けて行けば、結局のところ、まともな人材や、極めて良心的な中堅企業や中小企業等は、幾らでも騙されたふりをして、背を向けても当然のことだし、使いもの
にならない間抜け社員をはじめ、それにしがみつく事しか出来ない下請け企業ばかりになってしまえば、「悪貨は良貨を駆逐する」と言うグレッシャムの法則の通りになり、こんなところが、TPP等に
より自由貿易というものを、勝手に解釈し、海外に出て行くのは構わないものの、好き勝手に荒稼ぎでもしようものなら、それこそアメリカにとってはたまったものでは無いし、世界中から幾らでも毛嫌いされ、コテンパに痛みつけられ、叩き潰されても、当然のことだし、自明のこととしか言い様がありませんよね。
中国なら、いざとなったら、幾らでも騙されたふりをして反日感情をぶつけて、揺さぶり叩き潰して頂いても構わないのだし、総懺悔でもさせられることになれば、どうぞ幾らでも勝手に総懺悔して下さいとしか言い様がありませんよね。
韓国企業にも幾らでも敗北しても当然のことだし、日本はもう経済成長なんか期待できないのだし、
こんな大企業に対して、騙されたふりをすれば、法人実効税率を80%に引き上げ、為替は幾らでも円高にして安定させれば良いのだし、株価なんか幾らでも下落させても構わないのだし、社会保険の負担も幾らでも過酷な負担をさせ、物凄い痛みや苦しみを与えた上で、最低賃金を引き上げ、それを生活保護水準の上限とすることで、止むを得ず、最低賃金を下回る分については生活保護を支給をしてあげるなどすれば良いのだし、生活保護の予算が余れば、それを農家への個別所得補償にでも廻してあげるなりすれば良いのだし、それでも余れば借金の返済に充てる等すれば、消費税の増税しなくても、財政赤字の削減には繋がりますよね。
また、この最低賃金水準までを最低補償年金とし、その財源は全額消費税で賄うことにでもすれば、消費税を増税した分、公的年金等の負担を引き下げる様にすれば良いのだし、そうすることで、経済規模は縮小することにより、日本は世界の中で、ただひっそりとした国となったとしても、
極めて良心的な中堅企業や中小企業がより安定した収益や利益を確保しながら、雇用拡大に繋がり、皆で幾らでも喜んで税金や社会保険等の負担に応じてあげることで、変な見栄を張る様な強欲な富裕層には幾らでも白い目で見てやることで、高級外車でも乗り回したければ、そっと静かに自己満足して下さい、とでも言ってあげれば良いのだし、世界に対しては、日本では、高級外車等の贅沢なものは買ってあげたところで、どうせ周りから白い目で見られるだけだし、その分、喜んで税金や社会保険料を幾らでも払ってあげることで社会に恩返し出来ることを誇りとしておりますので、どうぞ中国をはじめとする富裕層の方々に幾らでも廻してあげて下さい、とでも言ってあげれば良いだけのことですよね。
また、トヨタのレクサスについても、エンジンだけはトヨタのハイブリッドエンジンを搭載すれば良いのだし、その他の部品等は、アメリカをはじめヨーロッパ等から幾らでも寄せ集めして、中国で生産することで、高速鉄道ではありませんが、「レクサス=寄せ集め」ということにして、それを中国から逆輸入してあげて、そっと静かに乗り回して頂ければ結構なことだし、逆にそうすることで、日本の国益になるばかりでなく、中国にとっての国益にもなるし、アメリカにとっての国益にもなるし、ヨーロッパ諸国等にとっての国益にもなることで、何処の国に対しても一切損することも無いし、これに越したことはございませんよね。
これにグリーンイノベーションということで、地球環境のために資源の浪費を抑制し、国際的な分業と循環型経済により、廃棄物を幾らでも減らす等して、地球環境に恩返しをすると共に、全人類が一つの絆となって、それぞれの文化の違いを乗り越え、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合うことで、国際社会全体の平和と安定に寄与することが出来れば、もう此れ程素晴らしいことは無いし、喜ばしいことは無いし、これだけを大いに誇りとさえ出来れば、日本が世界に対しての明るい光となることで、存在感が高まってくることになるのなら、何も言うことはございませんし、愛国心というものを、共に分かち合うことで、地球全体を一つの運命共同体として、日本はその中の一つに過ぎない存在とすれば、国連機構というものを地球政府のようなものに変わっていくことになれば、それを、衰退した日本に取り込んでしまうことで、日本が開かれた島国となれば、それで良いのでは無いのではとさえ、つくづく感じますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55309442

この記事へのトラックバック一覧です: 大企業の税負担率 9年(03~11年度)で10ポイント減:

« 原発事故調 最終報告 ~解明された謎 残された課題~ | トップページ | 毎日世論調査:野田内閣支持23% 発足以来最低(毎日新聞) »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30