« 3.11後の自衛隊 ―― 迷走する安全保障政策のゆくえ ―― | トップページ | 橋下さんの消費税議論の裏と表と »

2012/07/14

オスプレイ沖縄配備 「同盟崩れかねず」 オスプレイで前原政調会長

 言っておくけど、オスプレイをめぐっては相当面白いことになっている。たとえば、こういう記事。

オスプレイ沖縄配備 「同盟崩れかねず」 オスプレイで前原政調会長(琉球新報)

 民主党の前原誠司政調会長は13日の同党全国幹事長会議で、事故が相次いでいる海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍岩国基地(山口県岩国市)搬入や米軍普天間飛行場配備計画について、時期を遅らせることを念頭に再検討すべきだとの考えを示した。沖縄県や山口県が安全性を疑問視し、配備・搬入の中止を求めている中、強行された場合は「日米同盟そのものが崩れかねない」とした。野田佳彦首相や党幹部が参加する政府・民主三役会議の場やジョン・ルース駐日米大使との面談で再検討を求めたことも明らかにした。
 政府は今月下旬に予定されている岩国基地への搬入を延期する方向で米政府と調整をしている。
 前原氏は13日のBS朝日の番組収録でも米政府の配備計画を再検討する必要性に言及。「これだけの事故の多い機種を米国から言われた通りに導入すれば、基地に協力している山口、沖縄両県などの(非協力に転ずる)潮目になる可能性がある」と指摘した。
 11日にルース大使と面談した際に、「徹底的に安全調査をした後に配備しないと日米安保が根底から崩れる」と伝えたことを明らかにした。ルース氏は「重く受け止める、本国に伝える」と応じたという。
 オスプレイの岩国基地搬入や普天間飛行場配備計画の延期、中止は低空飛行訓練が予定されている全国の自治体からも挙がっているほか、野党の自民や社民、共産なども求めている。
 政府は米サンディエゴを出港したオスプレイを積んだ民間運搬船を寄港地であるグアムなどに留め置くなどして、搬入時期を遅らせることができないか調整している。政府関係者は琉球新報の取材に対し「接受国通報を済ませ、すでに出港している船の到着を遅らせることや(米本国に)戻すことは大変、難しい。来週には結論を出す」と語った。

 前原さんは、言わずと知れた、親米タカ派。それだけにこの発言はおもしろそう。オスプレイについては、さすがにアメリカでもいろんな議論がひろがっているようだ。だからこそ、同盟の危機とあえて、前原さんは言うんだろうなあ。
 もちろん、それでも、前原さんも、政府も、配備をめざす。そのことは前提なんだろうけれども。そのぐらいの矛盾の深さを自覚している。

 いまの政府のやっていることは、新自由主義、軍事大国化の大攻勢ともいえる、暴走でもある。だけど、その暴走は、実は、大きな矛盾をはらんだ、国民との乖離をはらんだもの。だからこそ、体制づくりが優先されるともいえるのだけどなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3.11後の自衛隊 ―― 迷走する安全保障政策のゆくえ ―― | トップページ | 橋下さんの消費税議論の裏と表と »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55196039

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ沖縄配備 「同盟崩れかねず」 オスプレイで前原政調会長:

« 3.11後の自衛隊 ―― 迷走する安全保障政策のゆくえ ―― | トップページ | 橋下さんの消費税議論の裏と表と »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31