« 高校入試・適格者主義、学力保障を考える | トップページ | もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員 »

2012/07/25

7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査

 ニュースをクリップ。これはやはりひどいなあ。

7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査(東京新聞)

 東証一部上場の売り上げ上位百社(二〇一一年決算期)の七割が、厚生労働省の通達で過労死との因果関係が強いとされる月八十時間(いわゆる過労死ライン)以上の残業を社員に認めていることが分かった。厚労省の指導が形骸化し、過労死しかねない働き方に歯止めがかかっていない現状が浮かんだ。
 本紙は今年三~六月、百社の本社所在地の労働局に各社の「時間外労働・休日労働に関する協定(三六協定)届」を情報公開するよう求めた。さらに各社の労務管理についてアンケートし、三十六社から回答を得た。
 開示資料によると、労使で残業の上限と決めた時間が最も長いのは、大日本印刷の月二百時間。関西電力の月百九十三時間、日本たばこ産業(JT)の月百八十時間、三菱自動車の月百六十時間と続いた。百社のうち七十社が八十時間以上で、そのほぼ半数の三十七社が百時間を超えていた。百社の平均は約九十二時間だった。
 国は労働基準法に基づき、労使間の協定締結を条件に月四十五時間まで残業を認めており、特別な事情があれば一年のうち半年まではさらに上限を延長できる。一方で、厚労省は過労死認定基準として「発症前一カ月に百時間か、二~六カ月に月八十時間を超える残業は業務との因果関係が強い」と通達している。
 アンケートでは、健康被害の原因となる長時間残業が可能になっている現行制度について、三十六社のうち二十二社が「見直しは必要ない」「見直すべきだが現実的に難しい」と回答した。「見直しが必要」は二社だけだった。
 厚労省は長時間労働を抑制するため労基法を改正し、一〇年四月から残業の賃金割増率を引き上げた。しかしアンケートでは十三社で、法改正前より実際の残業時間が長くなっていた。改正前より協定の上限を下げたのは、日野自動車だけ。…

 以前から指摘されていたことだけど、あらためてうきぼりになる。企業側はこういう問題に対しては、「協定の上限時間が長くても実労働時間はもっと短い。経営側は需給調整のため労働時間に柔軟性を持たせたいという思いがある。円高などで今、国内で事業を続けるのは大変。過労死は重要な問題だが、法律で残業時間の上限を定めるなど労働規制を強めれば、企業はますます活力を失い、成長は望めなくなる」というわけだけど、たしかに繁忙期対策と言うことがあるとしても、事実として、長期間労働は蔓延しているのであるのだから、何らかの制限をしないと。ここが、本当に、労働法の抜け穴になっていることがまざまざと分かる記事。大企業労組の存在意義も問われているというものだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 高校入試・適格者主義、学力保障を考える | トップページ | もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55280028

この記事へのトラックバック一覧です: 7割過労死基準以上 残業協定 大手100社調査:

« 高校入試・適格者主義、学力保障を考える | トップページ | もう一つの強制連行 太平洋戦争末期、朝鮮人兵を農作業に動員 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31