« デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 | トップページ | 自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致 »

2012/07/26

過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き

 この東京新聞の過労死キャンペーンはちょっと注目。

過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き(東京新聞)

 長男に先立たれた主婦加藤久恵さん=仮名=は、息子の死後、給与明細を手にして、月二百時間近くも残業していたことを初めて知った。「入社して間もないのに、会社に休ませてなんて言えない」。休養を勧めてもかたくなに拒んだ長男の姿がよみがえった。
 法律や労働基準監督署があるのに、こんな長時間労働がなぜ許されるのか-。わが子の死を受け入れることができなかった。
 長男は二〇〇七年、プラント保守大手「新興プランテック」(横浜市)に入社し、千葉県市原市でプラント工事の現場監督を任された。うつ病を発症し、翌年十一月に自殺。二十四歳だった。労基署は、過労が原因の労働災害と認めた。
 亡くなる三カ月前のことだ。土日も出勤していた長男が急に無断欠勤したと連絡が入った。加藤さんが長男宅を訪れると、久々に再会した息子は別人のようにやせ細っていた。いったん事務職に配置換えとなり、二カ月余り病院に通う日々が続いた。
 現場復帰が決まり、実家に戻ってきた長男は「また休みがなくなるな」とこぼした。心配する加藤さんに「人手が足りないから」と気丈に答えた二日後、命を絶った。…

 昨日はあの大トヨタの事件だったもの。これだけの過労死社会であるにもかかわらず、新聞は経営の問題から、大企業批判はしなかった。企業名をあげてのキャンペーン。
 大いに期待したなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 | トップページ | 自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

このことも、正社員の退職トラブルと同様、グローバル競争に煽られ、経営的に余裕もゆとりも
無くなり、あげくの果てには、まともな人材が育つことも無いどころか、幾らでも騙されたふりをして離れてしまうことにより、結局は使いものにならない間抜け社員しか残らず、窮地に追いやられた
間抜け会社の成の果てによるところが真実に近いところもあるんでは無いかと思うと、もう余りにも
悲しい限りとしか言い様がありませんよね。

ただ、こんな会社なら、騙されたふりをして、幾らでも他国に追い出したところで、勝目は無いのは
当然のことですが、自分達の都合ばかりを優先して規模拡大を図ろうとするなら、世界的に見れば
此れ程、身勝手極まり無いものは無いし、とんだ迷惑な存在として、幾らでも毛嫌いされ、馬鹿に
され、袋叩きにされて踏み潰されることになっても当然のことだし、そうでなければ、幾らでも騙されたふりをされて、乗っ取られることになってもおかしく無いし、生き残った間抜け社員ばかりでなく、
強欲な経営幹部連中も含めて、海外に出て行かなかったとしても、乗っ取られた外国人の下で
ただ、ひっそりと生きて行くことになったとしても自明のことでしかありませんよね。

これも一つには、私たち日本人の社会における構造的欠陥もしくはアノミー現象による空洞化が
齎したものでもあることを思えば、これを克服し乗り越えて行くためには、私たち日本人は、もう
幾らでも身を縮め、ただひっそりと生きて行くことになっても構わないし、自分の利益が他人の利益
に結びつくことだけをすることによって、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、所属する会社の利益に貢献し、たくさん稼げば稼ぐ程、幾らでも税金や社会保険料をたくさん払ってあげることで社会に恩返し出来ることだけを誇りとさえ出来れば、その全てを、幾らでも生活に困っている人達
に廻してあげることで、幾らでも貧富の格差は縮小し、経済規模も縮小し、日本は世界の中で、
ただひっそりとした国となっても構わないのだし、それが逆に日本の国益となると同時にアメリカの
国益にも繋がるし、中国の国益にも繋がるし、ロシアの国益にも繋がるばかりか、韓国や北朝鮮をはじめ、アジア全体に拡大し、行き着く先は世界全体に拡大する心豊かな外交が出来るようになれば、誰も損する人は一人もいなくなるし、何処の国に対しても国益を毀損することもなくなることで、
変な戦争に巻き込まれることも回避出来ると同時に、資源や食糧の輸入を減らすことで、共に分け合い、国際的な分業と循環型経済により廃棄物を幾らでも減らすことによって、地球環境への恩返しが出来ることによって、世界に対して明るい光となることで存在感を示すことになるのなら、これだけを大いに誇りとすることが出来れば、国内においては、変な騒ぎもなく、物騒な犯罪をはじめ、いじめや自殺も減り、幾らでもひっそりと静まり返った社会になったとしても、何も悪いことは一切無くなることで、皆が幸せに暮らせる国となりさえすれば、此れ程喜ばしいことは無いし、素晴らしいことは無いし、責めてもの愛国心があれば、幾らでも出来て当然のことと思えば、何も言うことはございませんし、それで良いのでは無いかと、つくづく感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55287234

この記事へのトラックバック一覧です: 過労社会 止まらぬ長時間労働<中> 月200時間招いた死 残業規制「例外」で骨抜き:

« デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民 | トップページ | 自公党首会談 消費増税法案はお盆前に採決すべきとの認識で一致 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31