« 〈対論〉普天間基地はなくせる | トップページ | 若者の就労を支えるネットワークづくり »

2012/06/24

首相、沖縄知事と正式会談せず オスプレイ反発を考慮?

 昨日は慰霊の日。昼にぼやーっと、追悼の式典を見ていた。
 さて、こんなことがあった。

首相、沖縄知事と正式会談せず オスプレイ反発を考慮?(朝日新聞)

 野田佳彦首相は23日、沖縄全戦没者追悼式に参列するため沖縄県を訪れた。米新型輸送機オスプレイの沖縄配備を8月に控えるが、県内では反発が強まる。炎が広がるのを避けたのか、仲井真弘多(ひろかず)知事との正式な会談は見送り、米軍関連施設にも足を運ばなかった。
 糸満市の平和祈念公園で開かれた追悼式で、首相は「現在も沖縄に米軍基地が集中し、多大なご負担をかけている事実は慚愧(ざんき)に堪えない。基地負担の早期軽減に全力を尽くし、具体的に目に見える形で進展させる」とあいさつしたが、現実とのギャップは否めない。
 日米両政府は普天間飛行場移設よりグアム移転の先行で合意。首相は「沖縄の負担軽減」だとアピールするが、地元では普天間固定化への懸念が出る。墜落事故が相次ぐオスプレイの普天間配備では、17日の宜野湾市での反対集会に約5200人が集結。首相周辺には「このタイミングでオスプレイの話ができるわけがない」(官邸スタッフ)との声も強く、首相は空港に見送りに来た知事と数分言葉を交わしただけだった。…

 何を考慮したというのだろうか? 沖縄戦の惨劇は、いまでも、生存者たちの大きな傷になっている。そのことを、まず正面から考えるべき。同時に、この沖縄戦は、アメリカの軍事的支配のはじまりだった。その後の沖縄もつねに、基地のなかにあり、戦争とともにあったと言っていい。そういう戦後の沖縄のありようが、生存者たちを苦しめているということにどうして、為政者は思い至らないのだろうか?それでもオスプレイを配備するというのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 〈対論〉普天間基地はなくせる | トップページ | 若者の就労を支えるネットワークづくり »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55044082

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、沖縄知事と正式会談せず オスプレイ反発を考慮?:

« 〈対論〉普天間基地はなくせる | トップページ | 若者の就労を支えるネットワークづくり »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31