« 大阪府、教育への政治関与強化へ 検討委初会合で松井知事表明 | トップページ | 原発危険度:24基「即時廃炉」 超党派議員がランキング »

2012/06/28

行政と警察が不正受給対策 神奈川、生活保護めぐり

 捕捉率が低いだとか、餓死や孤立死がおこっているとか、自立のための支援をする体制がないということは、行政にとっては悩みではないのかなあ、と突っ込みたくなるのが当たり前だと思うのだけど。

行政と警察が不正受給対策 神奈川、生活保護めぐり(東京新聞)

 神奈川県で行政と警察がタッグを組み、深刻化する生活保護の不正受給防止に取り組むためのネットワーク発足式が28日行われ、県と横浜、川崎、相模原の政令市、警察の担当者が出席した。行政と警察が直接連携する全国的にも「珍しい試み」(厚生労働省)で、同じような悩みを抱える自治体のモデルケースとなりそうだ。
 発足式で県保健福祉局の菊池善信局長は「情報や防止策を共有して連携を高めたい。制度が信頼され、真に生活に困っている人が安心して利用できるようにしていきたい」とあいさつした。
 ネットワークは「生活保護不正受給等防止対策連絡会」。

 なぜ、警察なのか、なぜ取り締まりなのか? 支援があつくなってこそ、不正を制御することもできるのではないのかなあ。「真に生活に困っている人が安心して利用できる」ということを、行政が強調することで、その困っている人の認定をおこなう。それが、適正化の名の下でおこなわれた、水際作戦だったことはこのかんの経緯が証明しているのに。同じことをくり返すのか。
 この攻撃とのたたかいは、長いたたかいになりそうだ。同時に、それは、社会保障そのものの変質につながるそういう攻撃でもある。こころして!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大阪府、教育への政治関与強化へ 検討委初会合で松井知事表明 | トップページ | 原発危険度:24基「即時廃炉」 超党派議員がランキング »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55074321

この記事へのトラックバック一覧です: 行政と警察が不正受給対策 神奈川、生活保護めぐり:

« 大阪府、教育への政治関与強化へ 検討委初会合で松井知事表明 | トップページ | 原発危険度:24基「即時廃炉」 超党派議員がランキング »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31