« イルジメ | トップページ | 内閣改造 「自民と協議 最重要」 »

2012/06/04

毎日世論調査:「維新に投票」28% 次期衆院選比例

 なかなか衝撃的な?毎日新聞の世論調査。

毎日世論調査:「維新に投票」28% 次期衆院選比例(毎日新聞)

 毎日新聞の全国世論調査で、橋下徹・大阪市長が率いる「大阪維新の会」が次期衆院選で候補者を立てた場合、比例代表の投票先を聞いたところ、維新が28%を占め、民主党(14%)、自民党(16%)を大きく上回った。地域別にみると、維新の支持は地元・近畿で41%に達したほか、九州や中国・四国で3割超。維新が政党不信の受け皿として、近畿だけでなく、全国レベルで浸透している現状が浮き彫りになった。
 維新は次期衆院選で全国規模の候補者擁立を目指し、3月に開講した政治塾に約2000人を集め、候補者養成を続けている。国政進出について「期待する」が61%に上り、「期待しない」の33%を大きく上回った。同じ設問で聞いた今年3、4両月調査でも「期待する」は6割を超えており、有権者の期待感を維持している。
 比例代表への投票先調査から、維新への期待度を地域別にみると、地元・近畿の以西で支持を広げている「西高東低」傾向がうかがえる。ただし、維新は北関東29%、南関東23%、東京22%の支持を集めるなど、各地域で民主、自民の2大政党を上回った。

 そうとうの警戒が必要な数字だよなあ。ここに込められた世論の正体はよく考える必要があるだろうなあ。

 ただし、これがものすごく固定的、本質的な動向かと言えばそうでもない複雑さがある。同じ世論調査では、「毎日新聞は2、3両日、全国世論調査を実施した。政府が週内にも最終決定する関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について『急ぐ必要はない』と答えた人は71%に達し、『急ぐべきだ』の23%を大きく上回った。2030年時点での国内電力に占める原子力発電の割合を巡り、望ましい比率として『15%』を挙げた人が48%で最多。次いで『原発を0%にする』が25%に上り、国民の『脱原発志向』の高まりがうかがえる」という結果も出ているご承知のように、橋下さんは、原発問題での発言は迷走し、大飯再稼働容認の立場にある。世論は、まだまだ流動のなかにある。それだけに、いまが正念場なんだとは思うけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« イルジメ | トップページ | 内閣改造 「自民と協議 最重要」 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54874025

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日世論調査:「維新に投票」28% 次期衆院選比例:

« イルジメ | トップページ | 内閣改造 「自民と協議 最重要」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30