« 一体改革法案は大筋合意 民主、自民、公明3党 | トップページ | オスプレイ:宜野湾市民に渦巻く怒り そしてオスプレイがまた落ちた »

2012/06/14

社会保障は自民案軸 待機児童対策 一律補助見送り

 もちろん、予想通りの展開ではあるのだけれども……。いまさらながらこの国の政治のひどさを思い知らさえるわけで。

社会保障は自民案軸 待機児童対策 一律補助見送り(東京新聞)

 民主党は十三日夜、一体改革関連法案の社会保障分野の修正協議で、自民党の「社会保障制度改革基本法案」に対する修正案を提示した。自民党の対案を軸に民主党の主張を盛り込んだ内容。幼稚園と保育所の機能を一体化する「総合こども園」の創設は撤回し、待機児童解消策として基準を満たす施設に必ず運営費を補助する「指定制」も見送る方針を示し、自民、公明両党も受け入れた。しかし、他の部分で合意が得られず、十四日に再び協議する。 
 総合こども園は、民主党の待機児童対策の目玉だったが、自公両党は「解消につながらない」と批判し、現在の「認定こども園」を拡充する現行法改正を主張。民主党は消費税増税関連法案の成立を最優先し、自公の主張を受け入れた。
 また、指定制をめぐっては、現行制度では、自治体が一定の裁量で認可した保育所に対し、運営費が補助されるため、財政負担増を避けたい自治体は認可に消極的となり、認可保育所が増えないとの指摘があった。
 これを受け、民主党は面積などの基準を満たせば一律に運営費を補助する「指定制」を導入し、財政支援を受けられる施設を大幅に増やすことを目指したが、自民党は「悪質な業者の参入を拒めない」と反対。公明党も正当な理由がある場合を除き、認可を拒めない制度にすべきだと提案し民主党が歩み寄った。
 このほか民主党の修正案では自民党が提案した有識者による「社会保障制度改革国民会議」に代えて、国会議員が参加する「社会保障制度改革推進会議」を提案。自公両党が撤回を求めている後期高齢者医療制度の廃止と最低保障年金制度の創設については「必要に応じて推進会議で議論し結論を得る」とした。……

 さんざん、民主党のすすめようとした新システムを批判したりする作業はしたのは何だっただろうなどと愚痴りつつ(笑)。しかし、まともな議論はぜんぜん出てこない。改悪と、先送り。残るのは消費税増税。
 協議の合意へと突き進む。しかし、反対は強まるばかりだろう。ここで、その世論に、最終局面はどうなるのか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 一体改革法案は大筋合意 民主、自民、公明3党 | トップページ | オスプレイ:宜野湾市民に渦巻く怒り そしてオスプレイがまた落ちた »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54958311

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障は自民案軸 待機児童対策 一律補助見送り:

« 一体改革法案は大筋合意 民主、自民、公明3党 | トップページ | オスプレイ:宜野湾市民に渦巻く怒り そしてオスプレイがまた落ちた »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31