« 陸自、都内“武装行進” レンジャー訓練、42年ぶり | トップページ | 橋下「維新の会」の手口を読み解く-競争、統制、自己責任 »

2012/06/12

葛飾区の公園駐車場の土から25万ベクレル 東京都「対応を検討」

 ニュースをクリップ。あえて産経新聞で。

葛飾区の公園駐車場の土から25万ベクレル 東京都「対応を検討」(産経新聞)

 東京都議会共産党は11日、東京都葛飾区の「都立水元公園」の駐車場の土から、1キロ当たり25万1千ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。同公園内ではここ以外にも植え込み内の土壌から11万2千ベクレルが検出されたとして、同党は都に対し、速やかな調査や除染などの措置をとるように求めた。都では同党の調査を受け、「対応を検討している」と話している。
 廃棄物や焼却灰などで埋め立て処分できると定められている基準値は1キロ当たり8千ベクレル。
 同党は都民からの連絡を元に調査。同公園駐車場の土を10日に測定したところ、25万1千ベクレルを検出したという。ただ、同じ場所で測定した地上1メートル地点での毎時0・27マイクロシーベルトにとどまった。
 都は昨年11月以降3カ月ごとに、比較的空間線量が高いとされる都内東部で、放射性物質がたまりやすいとされる場所について、局所的な空間線量を文部科学省などが示したガイドラインに沿って測定。地上1メートルの高さで周辺より毎時1マイクロシーベルト高いかどうかが簡易な除染などを行うかどうかの基準だが、同公園をはじめ、これを上回った場所はなかったという。

 先日のETV特集にあるように、水の流れや泥の問題などもかかわっているのだろう。集中的に集まる場所が存在する。きわめて高いレベルの汚染。その危険は計り知れない。封じ込めることができればいいが、豪雨など、何かで、それが流出すれば、飲み水や、さらに下流には農地もあるから、人への被害の可能性もある。
 だけど、行政の、国の対応があまりにも遅れていること。それがものすごく浮き彫りになってきているのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 陸自、都内“武装行進” レンジャー訓練、42年ぶり | トップページ | 橋下「維新の会」の手口を読み解く-競争、統制、自己責任 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54942172

この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾区の公園駐車場の土から25万ベクレル 東京都「対応を検討」:

« 陸自、都内“武装行進” レンジャー訓練、42年ぶり | トップページ | 橋下「維新の会」の手口を読み解く-競争、統制、自己責任 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31