« 酷い1日。 | トップページ | 日本の貧困と生活保護 »

2012/05/25

政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること

201111000557 堤美果さんの新著。ちょっと時間がたってしまったけど、読了かな。
 TPP、イラク戦争、フクシマ、教育改革、格差社会、さまざまな材料を駆使しながら、言っているのは、政府は必ず、嘘をつくこと、そして、マスメディアも嘘をつくこと、しかもそれをささえるような人間づくりがされているという問題。たぶん最後の問題はとてつもなく大事な視点。新自由主義にとらわれている問題と政治意識に問題との関係は。
 全体として、かなり荒っぽい議論の印象はある。とくに真ん中の中東の問題辺りは。

 だけど、批判的な確固とした視点がいまほど重要なときはない。そこは大事。同時に、一般の意識との乖離とどう感じるか。つまり、アジるだけでは解決しない。政治は変わらない。なら、どう接近し、確固とした批判的な視点を広げていくのか、なんだけどねえ。
 だってこのままじゃおかしいじゃんという事実は、たくさんある。そして、このままじゃあ、と思っている人も増えている。だけど、実感として、政治の方向、世論の動向は必ずしも、前進的な歩みをしているとは到底思えない。そういう時期に、どんな議論をするのか、その接近の角度は何なのか。うーん。まだまだ悩んでるのですけどねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 酷い1日。 | トップページ | 日本の貧困と生活保護 »

メディア」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54799119

この記事へのトラックバック一覧です: 政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること:

« 酷い1日。 | トップページ | 日本の貧困と生活保護 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30