« 国境なき子どもたち写真展 2012 「岩手 この空の下、明日への道を探して」 | トップページ | 参院憲法審査会に3小委 「国家緊急権」「統治機構」など…民主、自民が合意 »

2012/05/16

鳩山元首相単独インタビュー 対米交渉仕切り直せ

 今日の新聞の紙面は、沖縄の問題がほとんどだった。この40年の日を迎えるにあたって、ボクは考えたことはある。それは、安保のことだ。ボクは、この40年にあたって、ベタと言われるかも知れないけど、おそらく、あまり取り上げられることのない安保のことをあえて取り上げたいと思った。
 そして結果的に、東京の大手紙は、沖縄の問題で、安保を問いかけることは何もなかった。

 そして、何というか、ブラックな話がまかり通る。

鳩山元首相単独インタビュー 対米交渉仕切り直せ(東京新聞)

 鳩山由紀夫元首相は15日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐり、県民の強い反対や再考を促す米議会の動きなどを挙げ、辺野古移設は困難との認識を示した。鳩山氏は米側と再交渉に入る必要性を強調し、「現実的な答えを早急に見いだすべきだ」と指摘した。
 県外移設を掲げながら、県内移設に回帰した鳩山氏自身が、日米合意の実現性に強い疑問を呈した。
 復帰40年の記念式典に出席するため来県し、琉球新報社の単独インタビューに応じた鳩山氏は県外移設を達成できなかった要因について、防衛、外務官僚が辺野古回帰に執着する中、「官僚を飛び越え議論する環境をつくれなかった。私の力量の問題だった」と説明した。
 本紙などの世論調査で沖縄への基地集中は「不平等」との回答が県民7割に対し、全国が3割余にとどまったことに「まさに不平等だが、全国は3人に1人程度しか思っていない。大きな意識の差があり、沖縄が差別されていると思うのは当然だ」と述べた。

 自分の言説に責任をもつのならば、政治家をやめるべきだ。あやまりを認めるのならば心の底から謝罪すべきだ。そして、なぜ、誤ったのかを追求すべきだ。
 この人も、この人を批判する人も、だれもが、同じ土俵にたってものを考える愚かさ。それがいまの日本における沖縄の問題の論じられ方。ベタといわれても、安保を問いかけたい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 国境なき子どもたち写真展 2012 「岩手 この空の下、明日への道を探して」 | トップページ | 参院憲法審査会に3小委 「国家緊急権」「統治機構」など…民主、自民が合意 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54728406

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山元首相単独インタビュー 対米交渉仕切り直せ:

« 国境なき子どもたち写真展 2012 「岩手 この空の下、明日への道を探して」 | トップページ | 参院憲法審査会に3小委 「国家緊急権」「統治機構」など…民主、自民が合意 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31