« 「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超 | トップページ | パラサイト中年:300万人に 失業率は世代平均の倍 »

2012/05/02

首相、帰国の途に 日米首脳会談終え

 ニュースそのものとしてもりあがらない、だけど深刻なニュース。

首相、帰国の途に 日米首脳会談終え(共同通信)

 野田佳彦首相は1日午前(日本時間同日夜)、オバマ米大統領との首脳会談など一連の訪米日程を終え、政府専用機で帰国の途に就いた。2日午後に帰国する。
 これに先立ち、首相は米国商業会議所のドナヒュー会頭ら米有力企業トップとの朝食会に出席。冒頭で「日米は外交・安全保障だけでなく、経済においても絆が強くならなければならない」と強調した。
 日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題に加え、オバマ大統領が首脳会談で日本の市場開放努力を注視する考えを伝えた自動車、保険、牛肉の3分野についても話題に上ったとみられる。

 共同声明などの一連の文書はここ。
 なんとまあ、いつも沖縄には負担軽減ということを言い続けているのに、これだけ深刻な状況悪化がすすんでいるというのに、沖縄のことはまったくふれられずに終わったのがまず第1の特徴だろうなあ。そのうえで、「2国間の動的防衛協力」の強化をうたい(つまりこれが、集団的自衛権の行使につきすすもうということなのかなあ)、「共同使用」する訓練場計画など「地域の多様な緊急事態に日米同盟が対応する能力をさらに高める」とのべ日米同盟をあらたな段階への押し上げようとしている。
 経済では、TPPの参加表明こそしなかったけれども、いわゆる三分野での動きがあった感じだろうなあ。経済界ともしっかり懇談しているのはやっぱり目を引くよなあ。そのことと、「原子力エネルギーの平和的、安全・安心な利用」というのは無関係ではないと思うなあ。ここんところ、あらためて日本の原発政策とアメリカの動向の結びつきが強まっている感じがする。
 結局、何が欠落しているのかといえば、国民目線でアメリカと交渉するとか、話し合うとかの姿勢。メディア的に言えば日本の主体性のなさ。いわば、「アメリカいいなり政治」そのものが問われ始めているはずなのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超 | トップページ | パラサイト中年:300万人に 失業率は世代平均の倍 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54616373

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、帰国の途に 日米首脳会談終え:

« 「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超 | トップページ | パラサイト中年:300万人に 失業率は世代平均の倍 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31