« 大阪市:削減幅60億円圧縮 「改革プラン」素案公表 | トップページ | 「南京事件」意見広告で対立 有識者「自由な議論を」、中日新聞「社論に合わず」 »

2012/05/11

大阪市:小中一貫校、特別区ごと1校設置へ 私学並み教育

 もう一個大阪ネタ。たぶんこういうことが橋下さんのいちばんやりたいことなんだろうなあ。

大阪市:小中一貫校、特別区ごと1校設置へ 私学並み教育(毎日新聞)

 大阪市の橋下徹市長は11日、市戦略会議を開き、小中一貫校の整備方針について、大阪都に移行予定の15年以降、8か9の特別自治区につき各1校の設置を目指すことを決めた。来年度示される区割り案に基づき、具体的な統廃合プランを作成する。
 橋下市長は、小中一貫校を私学並みの教育指導を行う「スーパー校」にする意向で、学年を横断した習熟度別授業の実施▽小学1年生からの英語教育▽9年間を通した早朝、放課後の反復学習▽土曜授業の実施−−など特色ある教育活動を展開する。現行校区の児童・生徒を優先するほか、当面は全市から生徒を募り、定員を超す場合は抽選にする。
 橋下市長は市教委に「年齢ではなく、習熟度に応じた体制を整えてほしい。地域の核になる施設としてまちづくりにも位置づけて」と求めた。
 同市では今春、矢田小・矢田南中(東住吉区)が市内初の小中一貫校として開校。14年度には啓発小・中島中(東淀川区)が、15年度には萩之茶屋、弘治、今宮の3小と今宮中(西成区)がそれぞれ一貫校として開校予定。

 ボクの生まれ育ったところは、阿倍野区と西成区に学区がまたがっていたようなところ。ちょうど、上町台地が切れるところ。萩之茶屋、弘治、今宮なんて近いなあ。しかし、南海は平野線(通学電車だった)だけでなく、天王寺線も廃止していたんだなあ。さみしい。矢田の地域もボクのテリトリーではあるのだけど。東淀川はよくしらないなあ。地域的には、矢田と同様か。
 それはさておき、同じ、大阪の現実にむきあっても、感じていたことは橋下さんとボクとは全然ちがうんだな。というか、橋下さんは西成のことはよくわかっていないと思う。支援はするが、競争の原理を徹底してここに持ち込むという考え方。だけど、この地域の現状が必要としているのは、競争ではない。というかこの地域に競争を押しつけるおとが生む疲弊を危惧せざるを得ない…。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大阪市:削減幅60億円圧縮 「改革プラン」素案公表 | トップページ | 「南京事件」意見広告で対立 有識者「自由な議論を」、中日新聞「社論に合わず」 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54688192

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市:小中一貫校、特別区ごと1校設置へ 私学並み教育:

« 大阪市:削減幅60億円圧縮 「改革プラン」素案公表 | トップページ | 「南京事件」意見広告で対立 有識者「自由な議論を」、中日新聞「社論に合わず」 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31