« マスコミはなぜ 「マスゴミ」 と呼ばれるのか  補訂版 | トップページ | 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 »

2012/05/05

【原発ゼロに】エネルギー政策、転換期に 泊3号機が定検入り 国内の全原発停止 草創期以来42年ぶり 「驚くべき転換」と米紙

 いよいよ緊張の一瞬。42年ぶりに日本の原発がすべて停止する。

【原発ゼロに】エネルギー政策、転換期に 泊3号機が定検入り 国内の全原発停止 草創期以来42年ぶり 「驚くべき転換」と米紙(共同通信)

 国内の商業用原発50基が5日深夜、すべて停止する。唯一稼働している北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が定期検査に入る。全原発停止は草創期で2基体制だった1970年以来、42年ぶり。東京電力福島第1原発事故から約1年2カ月が経過し、日本は70年代の石油危機を経て原発をエネルギー政策の主軸に据えて以降、例のない「原発ゼロ」の事態に直面する。
 政府が進める関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働はめどが立っておらず、電力需要の高まる夏に向け生活や産業に影響が出る恐れが高まっている。中長期的には政策転換により、事故を教訓に原発に依存しない社会をつくる転機となる可能性がある。
 泊3号機は5日午後5時から出力を下げ始め、午後11時ごろに発電を停止して定検入り。6日未明には原子炉が完全に停止する。
 日本原子力発電の東海原発が初の営業運転を始めたのは66年。70年代に入ると関電と東電が競うように原発を建設し、各社も追随。90年代には沖縄電力を除く電力9社すべてが原発を保有して現在の体制が固まった。
 国内の原発は2010年度には全電力量の26・4%を供給。東日本大震災直前には30基以上が稼働していた。
 事故後、各地の原発は定検により順次停止。九州電力玄海原発(佐賀県)2、3号機が再稼働目前までこぎ着けたが、安全評価(ストレステスト)導入に伴い見送られた。ことし3月に東電柏崎刈羽6号機(新潟県)が止まり、稼働中は泊3号機だけとなっていた。
 電力各社は火力発電などの増強で対応しているが、原発が再稼働せずに猛暑となった場合、北海道、関西、九州の3電力管内で電力不足に陥る恐れがあり、家庭や企業は一段の節電を求められる。
 政府は今夏に、総合資源エネルギー調査会が新たなエネルギー計画をまとめるのを受け、原発の将来像を含めた政策の在り方を示す。…

 とにかく画期的な事件である。原発に灯がともされて46年。すべての運転が停止するのは42年ぶりだ。その背景にはもちろん世論があるが、その根底には、原発というものが現状では制御不能であり、人にとって異質のものであるという事実がある。
 だけど、現実には、使用済みの核燃料の処理の問題も含め、廃炉への道のりは遠い。その政治的合意を勝ち取ることなまず必要だ。そういう大きな大きな仕事がボクらには課せられているということを心しsたいと思う。そういう決意の日だな、この5月5日は。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« マスコミはなぜ 「マスゴミ」 と呼ばれるのか  補訂版 | トップページ | 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54640805

この記事へのトラックバック一覧です: 【原発ゼロに】エネルギー政策、転換期に 泊3号機が定検入り 国内の全原発停止 草創期以来42年ぶり 「驚くべき転換」と米紙:

» 全原発、42年ぶり停止 [虎哲徒然日記]
北海道電力泊原発3号機(北海道泊村、出力91.2万キロワット)が5日深夜、定期検査のため発電を止めた。これで国内の原発50基すべての発電が停止した。全原発が止まるのは ... [続きを読む]

« マスコミはなぜ 「マスゴミ」 と呼ばれるのか  補訂版 | トップページ | 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30