« 財務省:朝日は事実誤認…ホームページに抗議文 | トップページ | 首相、帰国の途に 日米首脳会談終え »

2012/05/02

「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超

 いやこれは、この社会の生きづらさというものがどういうものか、よく考える必要があるような相当な数字である。

「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超(読売新聞)

 内閣府は1日、自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。
 これによると、自殺を考えた経験がある人は全体で23・4%となり、2008年2月の前回調査より4・3ポイント増えた。年代別では20歳代の28・4%が最も多く、特に20歳代女性は33・6%と、前回調査(21・8%)から大幅に増えている。
 調査は今年1月、全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施し、有効回収率は67・2%だった。
 年代別では、40歳代の27・3%、50歳代の25・7%、30歳代の25・0%と続いた。すべての年代で女性が男性を上回っている。
 また、自殺を考えたことがある人のうち、「最近1年以内」に考えたと答えた人も、20歳代の36・2%が最多だった。20歳代女性に限定すると44・4%に上った。

 残念ながら内閣府のHPにまだ前回の調査しか掲載されていない。いろいろ比較したり、海外との比較も必要なのだろうが。急速に、20代、とくに女性の自殺を考える率が増えているのはなぜなのだろうか。実際に、生きづらさに直面するのは、就職など働くことをめぐる問題、そのなかでの人間関係なのだろうか。その背景は、非正規・不安定・ブラックなどなどなのか? さらには、もっと広い人間関係のしんどさが経済的な問題とからみからんみしながら、おこってくる。
 同時に、現役世代の生きづらさも注目に値する。とくに、40代、50代、正直よくわかる数字でもあるなあ。こういうことをわかっていない人が社会の中心にいるから、よけいにしんどいんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 財務省:朝日は事実誤認…ホームページに抗議文 | トップページ | 首相、帰国の途に 日米首脳会談終え »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54616194

この記事へのトラックバック一覧です: 「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超:

« 財務省:朝日は事実誤認…ホームページに抗議文 | トップページ | 首相、帰国の途に 日米首脳会談終え »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31