« 記者の目:大阪2児放置死事件=反橋希美(大阪学芸部) | トップページ | 大震災と子どもの貧困白書 »

2012/05/22

真実 新聞が警察に跪いた日

C001078420120401150520 やっぱり悔しくって、涙が出てくる。そして、いまの日本はいまだこういう社会にある。
 道警裏金問題を追いかけ、そして警察に屈服した道新の顛末である。
 読んでいて思うこと。なによりも大手新聞というものの権力との近さ、さらに一体となる姿。日本の大手紙は、実は自立した存在であった歴史がないのかもしれない。
 2つめに、権力と一体化したマスメディアでは何がおこるのか。保身と読者、住民から離れるその姿。
 3つめに今更ながらの権力とものの力の大きさ、そのしたたかさ。決して侮ることは出来ない。

 もちろんそういうことを前提としながら、実際に展開しているのは自主規制ということなのかもしれない。だけど、ここにはその根底が示されているのだろうなあ。
 それでも、権力の横暴を抑え、社会を変えて行くには、メディアが変わることが不可欠でもあろう。そのためにも、まず、こうしたメディアの現状のなかでボクらは活動し、生きているということの強い自覚が必要か。

 だけど、たたかう人はいるだろう。メディアのなかでも、そとでも。
 この著者は、いまふるさと高知で記者をしているそうだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 記者の目:大阪2児放置死事件=反橋希美(大阪学芸部) | トップページ | 大震災と子どもの貧困白書 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54777414

この記事へのトラックバック一覧です: 真実 新聞が警察に跪いた日:

« 記者の目:大阪2児放置死事件=反橋希美(大阪学芸部) | トップページ | 大震災と子どもの貧困白書 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30