« 恒例の朝日憲法世論調査 | トップページ | イタイイタイ病:富山に県立資料館オープン »

2012/05/03

橋下維新の会の家庭教育支援条例案なるもの

 2日ほど前、モンスター親防止条例とか言われて、どんなんかなって思っていて、実物を今日はじめて見て、さすがに驚いた。そんな水準じゃないもの…。

親も教育…虐待・

モンスター防止へ維新が条例案(読売新聞)

 大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)大阪市議団は1日、保護者に家庭教育の学習機会を提供する「家庭教育支援条例案」を、15日開会の5月定例議会に議員提案する方針を固めた。
 児童虐待や、無理難題を強いる「モンスターペアレント」の出現を防ぐ狙いで、成立すれば全国でも異例の条例となる。
 市議会で審議中の教育基本2条例案に盛り込まれた保護者向け家庭教育支援を具体化する内容。「親になる心の準備のないまま子どもに接し、途方に暮れる父母が増えている」とし、具体的には市内の全保育園・幼稚園に保護者を対象とした一日保育士・幼稚園教諭体験の機会を設けるよう義務化。結婚や子育ての意義を記した家庭用道徳副読本を高校生以下の子どものいる全世帯に配布するほか、市長直轄の推進本部を設置し、「家庭教育推進計画」を策定することも盛り込んだ。

 大前弁護士提供の条例案はここ。
 何よりも、親を教育しようというか、親に言うことを聞け的というか。
 一方で、いまの困難な子育てを支援しようという内容は何もない。子育てをとりまく現状がどうなっているかなどについてはまっく検討もない。
 そして何よりも子ども観が、空洞というよりも非科学。発達障害の条文なんてこれって何なのという内容である。もっとも、批判にたいして橋下さん、twitterで「このご意見は理ありです。僕は市民に義務を課すことは基本的に好きじゃありません。今回の条例は市議団提案です。市政になると同じ維新の会でも市議団と市長という立場になります。市議団に伝えます。」と弁明しているのですが。

 ただし、ここ数年、先取り的な例はたくさんある。埼玉なんて、家庭にまで、道徳の副読本が配られているものね。条文化はさすがに質は違うけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 恒例の朝日憲法世論調査 | トップページ | イタイイタイ病:富山に県立資料館オープン »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54623447

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下維新の会の家庭教育支援条例案なるもの:

« 恒例の朝日憲法世論調査 | トップページ | イタイイタイ病:富山に県立資料館オープン »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31