« 郡山の学校に「ホットスポット」 情報公開で判明 | トップページ | シリーズ「沖縄・本土復帰40年」(1) 返還への長い道のり »

2012/05/08

就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に

 うーん。考え込んでしまう。

就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に(読売新聞)

 就職活動の失敗を苦に自殺する10~20歳代の若者が、急増している。
 2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。
 警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前のメモなどから詳しく分析。10~20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8~9割を占め、昨年は、特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。
 背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。

 今の若者の苦しみの断面だ。たしかに、半数が非正規となり、非正規となれば現実には正規になることは困難な現状。きわめて不安定な貧困のなかに生きることになる。結婚も望めない。そんな現実が突きつけられている。就活とはそうした椅子を奪い合うゲームと化している。どこに希望があるのだろうか。
 それでも、希望をともに見つけなければならない。若者といっしょになって考えなければ、見つけなければいけない。生きる喜びを発見しなければならない。そういう取り組みがいま必要になっているということなのだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 郡山の学校に「ホットスポット」 情報公開で判明 | トップページ | シリーズ「沖縄・本土復帰40年」(1) 返還への長い道のり »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54665705

この記事へのトラックバック一覧です: 就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に:

« 郡山の学校に「ホットスポット」 情報公開で判明 | トップページ | シリーズ「沖縄・本土復帰40年」(1) 返還への長い道のり »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31