« 原発推進側有利に表現変更 勉強会後、原子力委 | トップページ | 酷い1日。 »

2012/05/25

生活保護支給引き下げ検討 厚労相、見直し表明

 もうたくさんの人が発言しているから、何も付け加えることはないのだけれども…。本当に怒りで身体がふるえた。
 だけど、なんともわかりやすい話だ。

生活保護支給引き下げ検討 厚労相、見直し表明(共同通信)

 小宮山洋子厚生労働相は25日午後の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、生活保護費の支給水準引き下げを検討する考えを表明した。生活保護の受給開始後、親族が扶養できると判明した場合は積極的に返還を求める意向も示した。
 消費税の増税や年金額の切り下げなど、国民に痛みを強いる改革を進めているため、生活保護も聖域視せず、削減する必要があると判断したとみられる。
 過去最多の更新が続く生活保護をめぐっては、自民党が10%の引き下げを求めており、見直しの議論が加速するのは必至だ。

 この間の生活保護バッシングは気になっていた。ポストの特集もいかがなものかと思った。そして、今日…。
 「芸人保険もないしパニックになった」次長課長・河本準一記者会見を無編集ノーカット全文掲載

 NHKの9時のニュースが典型だけど、そもそも、この問題は不正であるということが前提で報じられている。そして、不正をだたす生活保護の見直しが急務だとされてしまっている。
 まず、河本さんのことがらは、ものすごく特殊な例だ。芸能人という浮き沈みの激しい世界で…。ボクは少なくとも不正だとは思えないのだけれども、100歩下がって、議論の余地があるとしても、それは慎重に検討すべきことがだら。当事者の人権にも配慮しながら慎重に検討すればいい。ただし、この間の経過については、彼の心中のさまざまな思いには、おもんばかる。
 その慎重に検討すべきことを材料に、一気に生活保護の見直しにもっていく、政治ドラマ。一方で片山、一方で、小宮山かあ。
 ここで隠されることがやっぱりある。まず隠されるのは、いまの生活保護が、捕捉率が2割にも満たない、十分機能していないセイフティネットであるという問題。まず急がれるのがその問題の解決であるということ。札幌の事件にもられるような、使い勝手の悪い制度の改善が求められる。
 そして、第2に隠されのが、いまの政治のありよう、経済のありようが、急速に貧困を広げているという生活保護拡大の原因とその責任。
 さらに隠されるのが、貧困の当事者の思いや苦しみ。

 そうした問題をすべておしながして、一気に生活保護見直しの議論が浮上する。少なくとも、厚労省が直ちに指針みたいなものを出したように、運用の改悪は心配される。そんなことは絶対に許してはならない。許さないぞ!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 原発推進側有利に表現変更 勉強会後、原子力委 | トップページ | 酷い1日。 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

これこそ、呆れて何も言えないというより、余りにも姑息過ぎすとしか
言い様がありませんね。

河本さんの母親が、生活保護を貰い続けていたと言う件は、決して不正受給
とは言えないところもあるし、謝罪する必要も無いかも知れませんが、どうしても
返還する気があるのなら、それこそ、国に対して、「どうぞ、他で生活に困っている
人達に廻してあげて下さい」と言ってあげた上で、返還してあげれば良いだけの
ことでは無いでしょうか。
国としては、ただ、それを有り難く受け止めて応じてあげれば良いだけのことでは
無いでしょうか。

不正受給の問題は別として、そもそも最低賃金が生活保護水準を下回っている現状
では、誰も働く意欲を無くすばかりでしか無いし、単純に生活保護水準を引き下げれば
良いなんて考えること自体が、「愚の骨頂」としか言い様がありませんよね。
モラルハザードを引き起こすことを回避するためには、最低賃金水準そのものを引き上げ
個別の事情により、働く意欲があっても、これに満たない水準でしか貰えない事情がある
場合には、最低賃金水準に満たない部分だけを生活保護で支給してあげれば良いだけの
ことだし、逆に生活保護受給者の方から、国に対して、「どうぞ他で生活に困っている人達
にどうぞ廻してあげて下さい」と言ってあげた上で、減らしてあげるなり、最低賃金水準より
も多く貰うことが出来るのなら、それこそ喜んで打ち切ってあげれば良いだけのことですよね。
それを、国として有り難く受け止めて、生活保護予算が余った場合には、農家への個別所得
保障に廻したり、借金の返済に充てたりすれば良いだけのことでは無いでしょうか。
同時に、生活保護受給者の皆様の就労支援の一つとして、求職者支援制度による職業訓練
というものを幾らでも充実させることによって、それこそ再生可能な自然エネルギー分野を
はじめ、農業、介護等の社会福祉分野等を中心とした雇用拡大や流動化に伴う人材育成等
を図る等すれば、訓練期間中の生活給付金を含めて最低賃金水準に満たない部分は生活保護
で支給してあげる様にしても良いだけのことでは無いでしょうか。
こうした財源については、それこそ富裕層からの増税をはじめ、それこそ、財界に対してわざと
騙されたふりをすれば、大企業に対する法人実効税率を80%に引き上げ、中堅企業や中小
企業に対しては減税してあげた上でTPP交渉で、日本の国益がアメリカの国益となり、その
結果、日本の国民の利益となると同時に、アメリカ国内の99%の非富裕層の国民の利益に
結びつく結果を齎す様に出来れば、これに越したことは無いのでは無いでしょうか。

日中韓FTA協定についても、TPPと同時に行えば日本の国益に繋がることに変わり無い筈だし
中国の立場から言えば、これにASEAN諸国を入れることによって、中国にとっても日本にとって
も有利な立場に立てることも、ある意味で真実に近いこともあると同時に、日本の立場からすれば
遥かに日本の国益にも結びつくばかりでなく、韓国にとっての国益にも繋がることも間違い無い
とも言えるのでは無いでしょうか。
ただ韓国が中国との2国間交渉を先行させることを強く希望したければ、それこそ中国にしてみれば、わざと騙されたふりをして中韓FTA協定に応じてあげれば良いだけのことだし、日本としても
騙されたふりをして、「どうぞご自由に」と同時に、日本は日本で中国とASEAN諸国とのFTA協定
に活かすことにより、中国市場に対する日本の国益の半分をアメリカと韓国に譲ってあげると同時に、アメリカ市場に対する国益の半分は中国と韓国に譲ってあげる様に出来れば良いのだし、
韓国にとっては、わざと騙されたふりをして、中韓FTA協定を米韓FTA協定に活かすことで、
中国に対する国益の半分をアメリカに譲ってあげると同時に、アメリカに対する国益の半分を中国
に譲ってあげる様にすることで、北朝鮮に対する良いお手本として示してあげれば良いのでは無い
でしょうか。
日本としては、何も反面教師になってあげるまでも無く、幾らでもアメリカやロシアと共に中国や韓国から学ぶことも出来る分けだし、ロシアとの外交に活かせば、北方領土問題について4島一括
返還までは無理までも、経済交流を前提とすることで前進させることに繋がれば良いのだし、
尖閣諸島についても、日本の実効支配はそっと静かに守りながら、海洋資源等の権益を中国と
分け合うことに繋がれば良いのだし、竹島に関しては、日本にとって大した国益にも繋がらなければ、それこそ韓国に対して、わざと騙されたふりをして、韓国にくれてあげても構わないかも
知れないと考えられますね。
最も従軍慰安婦に関しては、韓国政府を通じてそれなりの保障には応じてあげなくては行けない
ところはあるし、平和の像に関しては、それこそ靖国神社の前に建立してあげる位のことは出来て
当然のことだと考えられますが。

日本はもう量的拡大による経済成長なんか期待出来ないのだし、経済規模はむしろ縮小し国際
社会の中での地位は低下し弱体化することになったとしても、質的改善により国内社会を安定化
させ、良いものに出来れば、ただこれだけを誇りとすれば良いだけのことだと思えば、国際社会の
中で、ただひっそりとした国となっても構わないし、それが逆に日本の国益となると同時にアジア太平洋地域全体を乗り越え、世界中の全ての国々にとっての国益を齎すと同時に、地球規模全体の環境破壊や資源の浪費を食い止め、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、国際社会全体の平和と安定に寄与することに繋がることによって、日本が見直されることによって存在感が高まって行くことになりさえすれば、遥かに喜ばしいことはないし、日本が素晴らしい国として生まれ変わることが出来さえすれば、もう何も言うことは無いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54798821

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護支給引き下げ検討 厚労相、見直し表明:

« 原発推進側有利に表現変更 勉強会後、原子力委 | トップページ | 酷い1日。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30