« 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 | トップページ | 検証 高速ツアーバス事故 »

2012/05/07

ホームレス月収、10分の1の4000円 5年前比 厚労省調査

 これも少し前に発表された調査結果。

ホームレス月収、10分の1の4000円 5年前比 厚労省調査(日経新聞)

 廃品回収などによるホームレスの平均月収は約4千円で、5年前の10分の1に落ち込んでいることが2日までの厚生労働省の調査で分かった。仕事をしていないホームレスの割合は3割から4割に上昇。厚労省は「長引く景気低迷と雇用情勢の悪化が影響しているのではないか」と分析している。
 5年ごとに実施するホームレス実態調査で、今回が3回目。今年1月、約1300人から聞き取り調査した。
 仕事をしているホームレスの月収は「1千円以上~5千円未満」が66.2%で最も多かった。「1万円以上」は6.2%にとどまり、平均月収は約4千円となった。07年の前回調査は1万円以上が8割を超え、平均月収は約4万円だった。
 仕事の内容は大半が廃品回収で、ほかに日雇いの建設作業員など。仕事のないホームレスの割合は39.6%で、前回調査の29.6%から10ポイント上昇した。
 ホームレスの高齢化が進んでいることも裏付けられた。前回の平均年齢は57.5歳だったが、今回は59.3歳となった。
 炊き出しなどの支援を受けるホームレスが増えているとみられ、厚労省の担当者は「調査結果を分析し、支援策につなげたい」と話している。

 ホームレスについては、この間、毎年、
ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)
ホームレスの実態に関する全国調査(生活実態調査)が発表されている。
 ホームレス対策のホームページのリンクがうまくいってないので、見つけにくいのだけど(笑い)。
 あいかわらず、ホームレスの定義は変わらない。「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所として日常生活を営んでいる者」という欧米では考えられない、狭い定義だ。だから、今増大していると考えられるようなネットカフェ難民などはカウントされずにいる。いうまでもなく、本来は、自立した自己決定可能な居住空間をもたない人という接近に視点こそ大事なのだと思う。
 そういう調査だから、実数はきわめて不正確になり、減少したりしているのだけど、だけど、そういう調査の中でも、注目されるのは、その仕事のなさや、収入の極端な現象だ。直接の調査対象は高齢化している。ほんとうによく考えなければいけない。

 さらに、実際の実態との関係では、若者ホームレスの増加はまったくといっていいほど、とまってはいない。
 先日、「若者ホームレス白書2」が刊行された。
 若者ホームレスからの聞き取りを基本にしながら、居場所のなさ、生きづらさの実際を明らかにする。そして、それここたえていくような包摂をすすめる支援が、個々の支援では限界に直面し、やはり社会と政治を変えていくような大きな取り組みが必要になっていることを強く告発しているものにもなっているのだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 | トップページ | 検証 高速ツアーバス事故 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54656577

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレス月収、10分の1の4000円 5年前比 厚労省調査:

« 新入社員「一生、今の会社に」 安定志向、過去最高 | トップページ | 検証 高速ツアーバス事故 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30