« 沖縄人民党の歴史 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(1) 若者に広がる生活保護 »

2012/04/16

再稼働判断に「反対」が55% 朝日新聞世論調査

 朝日も世論調査。これもクリップ。原発再稼働をめぐる問題は、時事と同じ傾向。

再稼働判断に「反対」が55% 朝日新聞世論調査(朝日新聞)

 朝日新聞社が14、15日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を野田内閣が妥当と判断したことについて、賛成は28%にとどまり、反対は55%にのぼった。内閣支持率は25%で、下落傾向が続いている。
 大飯原発の再稼働判断に反対が強い背景には、野田内閣が主張する安全性や必要性に対する不信感がある。内閣が再稼働判断の直前に決めた暫定的な安全基準について「信頼する」は17%で、「信頼しない」は70%。政府や電力会社の夏の電力需給の見通しを「信用する」は18%、「信用しない」は66%だった。
 安全基準を「信頼しない」人の70%、需給見通しを「信用しない」人の65%が再稼働に反対と答えている。
 原発を再稼働する場合、「地元の市町村や県の同意が必要か、それとも、政府が判断すればよいか」との質問に対しては、88%が「地元の同意が必要」と答え、「政府の判断でよい」は8%にとどまった。
 地元の同意が必要という人に、さらにその範囲を聞くと、「原発立地市町村や県の同意でよい」は13%で、「近くの市町村や近くの県の同意も必要」は83%にのぼった。全体でみると7割にあたる人が近隣自治体の同意も必要と考えていることになる。……

 世論調査―質問と回答〈4月14、15日実施〉はここ。
 注目されるのは、消費税増税や社会保障をめぐる世論の動向。

◆政府は社会保障の財源にあてるために、消費税を2014年4月に8%に、2015年10月に10%に引き上げる法案を国会に提出しました。この法案に賛成ですか。反対ですか。
 賛成 40
 反対 51

◆野田内閣のもとで、社会保障制度の改革をめぐる議論はどの程度進んだと思いますか。(択一)
 大いに進んだ     1
 ある程度進んだ    9
 あまり進んでいない 62
 全く進んでいない  25

 野田内閣は見透かされているが、問題は、ではどうするかという議論のたてかた。ボクらの考えていることをどう国民のあいだに広く伝えていくのかという問題。
 維新の会の質問への回答はどう考えればいいのだろうか。思ったほど熱狂的ではないのか。いややはり軽視といえばいいのか??

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄人民党の歴史 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(1) 若者に広がる生活保護 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54487709

この記事へのトラックバック一覧です: 再稼働判断に「反対」が55% 朝日新聞世論調査:

« 沖縄人民党の歴史 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(1) 若者に広がる生活保護 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31