« 東京都が尖閣諸島買い取り=所有者と合意、年内に契約-石原知事 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 »

2012/04/17

大飯再稼働:閣僚会合での協議「議事録なし」

 この政権が、国民主権だとか、民主主義というものにいかに遠く、権力主義的な、国民を抑圧する政権であることの証左。自民党の体質をそのまま受け継ぐだけではなく、恥じらいのないぶん、いっそうその体質を露骨化しているのだろうなと思うよなあこれは。

大飯再稼働:閣僚会合での協議「議事録なし」(毎日新聞)

 藤村修官房長官は17日の記者会見で、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を判断する関係閣僚会合をめぐり、事務方が退席した後の政治家のみによる協議について「自由討議であり、記録を残すような話し合いではない」と述べ、議事録を作成していないことを明らかにした。野田佳彦首相が原発の再稼働を「政治判断する」と明言している意思決定の場で、核心の議論を記録に残さない手法には批判が出そうだ。
 閣僚会合には首相と藤村氏、枝野幸男経済産業相、細野豪志原発事故担当相の3閣僚のほか、民主党の仙谷由人政調会長代行、斎藤勁官房副長官が出席。藤村氏は、技術的問題などを説明した後に官僚を退席させ、首相ら政治家6人だけで協議する時間を設けていると説明した。
 公文書管理法は、政府が重要な意思決定を行った過程を後日検証できるよう、文書に残すことを義務づけている。
 政府は発言者の氏名をほとんど伏せた簡略な議事概要を公表している。藤村氏は会見で「議事概要に必要なことは盛り込んでいる」と説明したが、政治家だけの協議では「録音は止めていたと思うが、定かでない」とも述べた。…

 震災直後の一連の政策会議の議事録がなかったことがあれだけ批判されたんだよ。そんなことおかまいなしの確信犯。おれのいうことを聞け的体質だよなあ。もともと日本の保守政治家には、支配者としての特権的意識があったと思うけど、自分たちが、この国の進路を決めるんだという意識がありあり。国民が主権者の、その委託をうけているなんていう意識はまったく、これっぽっちも存在しない。そういう政治家はごめんこうむりたい。

 だけど、こういう国政の状況が、また違った権力志向の政治勢力をのさばらそうとしているのも事実で。主権者が国民という政治をどう構築するのかは、よくよく考えたいことだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東京都が尖閣諸島買い取り=所有者と合意、年内に契約-石原知事 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54497372

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯再稼働:閣僚会合での協議「議事録なし」:

« 東京都が尖閣諸島買い取り=所有者と合意、年内に契約-石原知事 | トップページ | シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31