« PAC3を見てきました。 | トップページ | 路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず »

2012/04/11

「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派

 Y先生からの発信で、こんな議連ができたことを知った。いやはや。

「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派(産経新聞)

 自民党の安倍晋三元首相ら超党派の議員約50人が10日、親の役割や家庭のあるべき姿を考える「親学」推進議員連盟の設立総会を国会内で開いた。
 民主党の鳩山由紀夫元首相や自民党の町村信孝元官房長官、公明党の山口那津男代表らのほか、みんなの党、たちあがれ日本などの議員も参加。会長には安倍氏が就任した。今後は国が家庭教育を支援するための議員立法提出を目指す。

 以前、高橋史朗の著作なども読んで、会議で報告をしたこともある。安倍さんのころだったかな。それからずいぶんたったけど、いままた活発化しているのか。沖縄まで組織があって、そこの会長は、今度の宜野湾市長みたいだけど。
 そもそもメンバーは靖国派によって占められている。なんやかんやいいながら中心はあの下村さんだもん。下村さんのHPに、その活動は詳しい。http://hakubun.jp/2012/04/%E3%80%8C%E8%A6%AA%E5%AD%A6%E3%80%8D%E6%8E%A8%E9%80%B2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F%E3%81%AE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E4%BC%9A/

 だけど、それを家庭教育ということにすり替える。家族も大事だし、家庭教育も一般的には大事だ。だけど、子どもの問題を家庭におしつけるのは、問題の解決を困難にさせる。まず第一に、現在の家庭そのものの困難さに目をふさぐ。第二に、子どもの問題の社会的な背景に目をふさぐ…。そして何よりも、親子の内的で自発的な関係のありようというものを、外からの形式的な規範でおしつぶす。そういう意味では、靖国派の突出した復古的な議論と違って、競争や個人責任(自己責任)という新自由主義的なイデオロギーと結構親和的であったりする(が、根本的な矛盾をかかえる)。そこが味噌なんだろうなあ。そこのあのTOSSも入ってくる。軽視できないことも事実だなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« PAC3を見てきました。 | トップページ | 路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54450110

この記事へのトラックバック一覧です: 「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派:

« PAC3を見てきました。 | トップページ | 路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31