« 猫弁~死体の身代金~ | トップページ | 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 »

2012/04/24

「夏の電力不足」各社報告 「丼勘定」専門家が批判

 原発再稼働が政治の舞台でも焦点となっている。原子力ムラはあいもかわらず情報を一方的に操作し、その利権を守ろうとしている。飯田さんが厳しく批判する。

「夏の電力不足」各社報告 「丼勘定」専門家が批判(東京新聞)

 今夏の電力需給を点検する政府の需給検証委員会(委員長・石田勝之内閣府副大臣)の初会合が二十三日に開かれ、沖縄電力を除く電力各社が需要見込みと供給能力を報告した。各社は、二〇一〇年並みの猛暑となり原発が稼働しない場合、家庭や企業で冷房の使用を抑えるなど節電効果を考慮しても八月のピーク時に六十六万キロワット(0・4%)の電力が全国で不足すると推定した。委員からは、過去に電力使用のピークが各社で同じように続くことがほとんどないことから「丼勘定の議論はやめるべきだ」と、批判する意見が出た。
 原発依存度が高い関西電力は、不足する供給電力が約五百万キロワット(16・3%)になると見込んだ。北海道電力は3・1%、九州電力は3・7%不足すると報告した。
 報告に対し、専門家として出席した「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也所長は「節電の手段は数多くあるのに政府も関電も検討していない」と批判。関電の報告に対し、他社からの電力融通や夜間の電力を活用した揚水発電などの見込みが少ないと指摘し、すべて活用すれば原発なしでも夏の電力を賄えると主張した。他委員も「東京電力などに比べ省エネ効果が少ないのはなぜか」と、関電の報告を疑問視した。
 東電は節電効果を加味した場合、原発が稼働しなくても4・5%の余剰を想定。火力発電所の比率が高い中部電力も5・2%の余剰電力があるとした。
 暑さが平年並みで節電が実施される場合を想定すると、不足は関電だけ。他電力から電力の融通を受けた場合、全国で約五百万キロワットの余剰電力が出る見込み。ただ、各社は予備として3~8%の供給力を余分に確保することを考えており、やはり供給力は厳しくなると説明した。…

 研究所のHPが「原発を再稼働しなくても夏の電力は足りる」というブリーフィングペーパーを掲載している。そのポイントは、

○2011年夏の東京電力と東北電力は電力制限令などの節電努力で、ピーク・平均とも前年比20%の節電効果があった
○2011年夏なみの節電で、原発が全停止・再稼働なしでも、全ての電力会社で2012年夏の電力を賄える
○原発再稼働問題と電力需給問題は切り離し、前者は安全性と社会合意により判断すべき
○政府は、需給調整契約の拡充やピーク料金など市場を活用した需要側管理(DSM)の促進を重心的に実施すべき
○政府および電力会社は、過大に見積もった需要を固定視せず、「節電発電所」と見なした需給対策をすべき
○政府は、省エネ・節電投資を促す施策を拡充し、構造的な節電による電力費用総額の削減を促すべき

 再稼働すべきではないというのが圧倒的な世論にもなっている。悪質な情報操作は、いっそう政治、政府への信頼を失わせ、政治の安定をそぐ。自身の足下が崩れる行為でもあるということを政権はよく考えるべきだと思うけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 猫弁~死体の身代金~ | トップページ | 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54551495

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏の電力不足」各社報告 「丼勘定」専門家が批判:

« 猫弁~死体の身代金~ | トップページ | 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31