« 専業主婦世帯の12.4%貧困状態 | トップページ | 大阪市歳出改革案 子育て世帯も負担増 »

2012/04/06

『沖縄』第一部「一坪たりともわたすまい」

2010052603thumb200x1507762 今日は、夜、映画人9条の会の反戦映画上映会で、表題の映画を見てきた。もう10年ほど前に見たことはあったけど、ストーリーは覚えていなかった。映画がつくられたのは1970年。舞台は、1950年代の沖縄。銃剣とブルドーザーで県民の土地とりあげがすすめられた時代。その土地とりあげの現場が舞台だ。モデルは、伊江島。その抵抗と分断、そしてさらなる抵抗のたたかいは感動的。とくにいわゆる「乞食行進」のくだりは涙をさそう。
 すっと沖縄のたたかいを学んできて、改めてこの映画をみて、分かったことも多いのだと思う。

 ストーリーは単純。いまからみれば、ステレオタイプの造形という印象を持つ人も多いかも知れないが、この時代は、時代そのものが、事件そのものがシンプルだったのだと思う。その時代に骨太に向き合う映画があり、しっかりした役者と映画人が映画をつくった。しっかりつくられた映画だと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 専業主婦世帯の12.4%貧困状態 | トップページ | 大阪市歳出改革案 子育て世帯も負担増 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54407140

この記事へのトラックバック一覧です: 『沖縄』第一部「一坪たりともわたすまい」:

« 専業主婦世帯の12.4%貧困状態 | トップページ | 大阪市歳出改革案 子育て世帯も負担増 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30