« 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 | トップページ | 25日に憲法改正案提出へ 一院制議連 »

2012/04/24

武雄市議会議長・副議長が辞任!

 佐賀からのニュースです! 武雄市議会の事件を覚えておられるだろうか。3月15日の佐賀県武雄市議会一般質問で日本共産党の江原一雄議員が、米海兵隊を「殴り込み部隊」と指摘したことについて、休憩中に樋渡市長を支持する議員らが問題視し、「議長の撤回・謝罪の求めに応じなかった」として「議会の品位を著しく汚す」などと「懲罰」動議を提出し、自民党の一部や公明党などが28日に「懲罰」動議を強行可決して、江原議員を1日間の出席停止とした事件だ。いうまでなく議会での言論の自由を封殺した重大なもの。
 これは一政党にかけられた性格のものではない。そもそも、沖縄の海兵隊は、政府の言うような抑止力では決してなく、「クレージーマリーン」と形容されるような、侵略の部隊であるということを沖縄県民は主張してきている。いわば、米軍、海兵隊の存在に苦しみ、全国の住民たちの声に対する攻撃だと言っていい。ボクらも、当然、「殴り込み部隊」という表現をさまざまな媒体でしてきた。その声をこともあろうに、もっとも言論の府であるべき議会で、封殺するとはということが問われた事件なのだった。
 全国からの大きな批判に、その責任をとって、(ほかにも理由をあげているようだけれども)辞任したようだ。
 県議の武藤は「江原議員への懲罰は、市民や全国のこころある人からの抗議が集中。反撃のチラシや、赤嶺衆議院議員を弁士とした演説会の成功で、世論が懲罰を許さないという状況を、つくりだしました。その結果が今回の議長と副議長の辞任においこんだものです。みなさん、ありがとうございます。まだまだこれからではありますが、ひとまず世論の力に、お礼をいいます」と、FBで語っておられます。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 | トップページ | 25日に憲法改正案提出へ 一院制議連 »

政治」カテゴリの記事

コメント

ブログに紹介していただき、ありがとうございます。
みなさんのおかげで、世論の力で、追い込むことができました。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54551992

この記事へのトラックバック一覧です: 武雄市議会議長・副議長が辞任!:

« 東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発 | トップページ | 25日に憲法改正案提出へ 一院制議連 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31